安井尚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安井 尚志(やすい ひさし)は、特撮、アニメ系のフリーライター、雑誌編集者。クラフト団ストリームベースとのユニット名)や安井ひさしやすい尚志などの筆名も使用されている。

来歴・人物[編集]

1975年に竹内博を主宰として結成された特撮研究団体「怪獣倶楽部」に所属。大学生の頃に総合男性誌『GORO』で竹内とともに手掛けた『ウルトラマン』の記事が大反響を呼ぶ。1978年、また竹内とアニメ・特撮ムック『ファンタスティックコレクション』を立ち上げた。さらに同年に雑誌『てれびくん』の嘱託編集者となり、翌1979年にはライバル誌である『テレビマガジン』『テレビランド』の編集部でもさまざまな活動をおこなっている。その多彩な活動スタイルから、業界内では「天才編集者」「名出版プロデューサー」と呼ばれた。

アニメ雑誌『アニメージュ』1981年4月号のアニメプラモ特集記事の企画・構成を担当。このときに組まれた座談会で『機動戦士ガンダム』のメカデザイナー大河原邦男バンダイ模型技術部長の松本悟ら、模型誌『ホビージャパン』で活躍中のモデラー集団「ストリームベース」の小田雅弘らを招待している。安井は同年10月に創刊された漫画雑誌『コミックボンボン』で『ガンダム』および「ガンプラ」を前面に押し出し、ストリームベースの作例も掲載、ガンプラブームの一翼を担った。また、同誌連載の漫画『プラモ狂四郎』の原作も、「クラフト団」の名義でストリームベースとともに担当した。

1983年3月から発売されたバンダイ模型のガンプラの新シリーズ「モビルスーツバリエーション」を企画。安井がプロデューサーとなり、大河原がメカニックデザイン、小田が設定解説を担当した。

主な参加作品[編集]

著書[編集]

  • 『ウルトラマン全(オール)百科』(コロタン文庫)(「安井ひさし」名義、中谷達也と共著)
  • 『奥さまどうぞ-大人の童話集』 (BIG BOOKS) (「安井ひさし」名義)
  • 『GODZILLA怪獣博物誌』(コミックボンボンスペシャル)
  • 『ウルトラセブン 怪獣事典』(宇宙船文庫)(酒井敏夫と共著)
  • 『ウルトラマン・ウルトラQ 怪獣事典』(宇宙船文庫)(酒井敏夫と共著)

参考文献[編集]

  • あさのまさひこ 『MSVジェネレーション ぼくたちのぼくたちによるぼくたちのための「ガンプラ革命」』 太田出版、2018年5月28日ISBN 978-4-7783-1623-5。