安全地帯VIII〜太陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安全地帯VIII〜太陽
安全地帯スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Kitty Records
プロデュース 金子章平
チャート最高順位
安全地帯 年表
安全地帯VII〜夢の都
1990年
安全地帯VIII〜太陽
(1991年)
安全地帯IX
2002年
『安全地帯VIII〜太陽』収録のシングル
テンプレートを表示

安全地帯VIII〜太陽』(あんぜんちたいエイト〜たいよう)は、日本のロックバンド・安全地帯の8枚目のオリジナル・アルバムである。

概要[編集]

オリジナルアルバムとしては前作『安全地帯VII〜夢の都』より約1年振りのリリースとなった。

本アルバムは矢追純一のオーディオ機器製造会社『IMAGEX』社の『E・T(EXTRA TONE)システム』にて録音された[2]2013年3月6日の「森田一義アワー 笑っていいとも!」の1コーナーである「テレフォンショッキング」に玉置がゲスト出演し、直前のコーナーに出演していた矢追に言及した際にこのことについて触れた。玉置は「えらい金かかった」と当時を振り返った。

2007年3月7日に再発売された。

Kitty Recordsからの安全地帯名義でのリリースとしては本作が最後のアルバムとなった。

収録曲[編集]

全作詞:松井五郎/作曲:玉置浩二/ストリングスアレンジ:星勝/Recrded & Mixed:諸鍛冶辰也

  1. 1991年からの警告
  2. 太陽
  3. 花咲く丘
  4. いつも君のそばに
    21stシングル
    トヨタカリーナ」CMソング
  5. 俺はどこか狂っているのかもしれない
    21stシングルのカップリング曲。
  6. SEK'K'EN=GO
  7. エネルギー
  8. ジョンがくれたGUITAR
  9. 朝の陽ざしに君がいて
    味の素ほんだしCMソング
  10. 黄昏はまだ遠く

脚注[編集]

  1. ^ ORICON STYLE”. オリコン. 2013年5月17日閲覧。
  2. ^ アルバムのブックレットに記載