安全地帯XII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
安全地帯XII
安全地帯スタジオ・アルバム
リリース
録音 キティ伊豆スタジオ
ワンダーステーション
一口坂スタジオ
TNCハウススタジオ
ジャンル ロック
ポップス
AOR
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース 玉置浩二
末崎正展
チャート最高順位
安全地帯 アルバム 年表
安全地帯 “完全復活” コンサートツアー2010 Special at 日本武道館 〜Start & Hits〜「またね…。」
2010年
安全地帯XII
2011年
安全地帯XIII JUNK
2011年
EANコード
『安全地帯XII』収録のシングル
  1. 結界
    リリース: 2011年8月24日
テンプレートを表示

安全地帯XII』(あんぜんちたいトゥウェルブ)は、日本のロックバンドである安全地帯の12枚目のオリジナル・アルバム

2011年9月14日ユニバーサルミュージックジャパンからリリースされた。オリジナルアルバムとしては『安全地帯XI ☆Starts☆「またね…。」』(2010年)以来1年4ヶ月振りとなる作品である。作詞、作曲はほぼ全曲ともに玉置浩二が担当し、プロデューサーは玉置および末崎正展が担当している。

レコーディングは日本国内で行われ、「清く 正しく 美しく」をコンセプトに日本人としての美徳や無償の愛、また戦争と平和をテーマとした究極のラブソングアルバムを目指して制作された。レゲエからバラードまで幅広いジャンルの音楽性で構成されている。

先行シングルとしてリリースされ、BSフジP&Gパンテーンドラマスペシャルフォルティッシモ―また逢う日のために―』(2011年)の主題歌として使用された「結界」が収録されている。両A面であった「田園」は収録されておらず、次作の『安全地帯XIII JUNK』(2011年)に収録されている。

オリコンチャートでは最高位10位となった。

背景[編集]

前作『安全地帯XI ☆Starts☆「またね…。」』(2010年)をリリースし完全復活を遂げた安全地帯は、同年5月15日北上市文化交流センター さくらホール 大ホールから10月24日シンガポール・インドア・スタジアムまで「安全地帯 "完全復活"コンサートツアー 2010 ~Starts & Hits ~ 「またね…。」」と題したコンサートツアーを開催、35都市全39公演が行われた[2]

また2009年末頃より玉置はタレントの青田典子との結婚を前提とした交際を開始した[3]。5月には日本テレビ系情報番組情報ライブ ミヤネ屋』(2006年 - )において青田が芸能界入りする以前に一時期交際期間があった事を述べ、今回は復縁であった事を公表した[4]。その後7月16日に玉置は青田と結婚した事を発表した[5][6]

8月11日には玉置が作詞、作曲を担当しプロデュースを安全地帯が手掛け、TBS系金曜ドラマうぬぼれ刑事』(2010年)の主題歌として使用されたTOKIOのシングル「NaNaNa (太陽なんていらねぇ)」がリリースされる[7][8]12月4日に放送されたフジテレビ系音楽番組2010 FNS歌謡祭』において、玉置はTOKIOと同曲で共演する予定であったが、放送開始30分前に玉置が体調不良を理由に出演を断ったため、TOKIOは単独で出演する事となった[9][10]

2011年に入り、3月11日には東日本大震災が発生、宮城県を中心とした東北地方並びに関東地方まで最大震度7の地震による揺れを観測、その後最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が発生し、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害が発生した[11][12]。さらに同日には福島第一原子力発電所事故が発生し、日本国政府は福島第一原発から半径20キロ圏内を警戒区域、20キロ以遠の放射線量の高い地域を「計画的避難区域」として避難対象地域に指定し、10万人以上の住民が避難した。この事態を受けて玉置は、6月24日に地元である旭川にて復興支援ミニライブを敢行、妻となった青田と共に登場しギター弾き語りで「ワインレッドの心」、「田園」などを歌唱した[13][14]

音楽性[編集]

本作は玉置の意向により、「清く 正しく 美しく」という日本古来からの精神に則り、「究極の"ラブソング"アルバム」を目指して制作された[15]。玉置は本作によって学校の授業では学べない「無償の愛」を音楽を通じて伝えたいと述べ、また安全地帯(平和)というバンド名を背負って「愛のために戦っていきます」と宣言を行っている[15]

ライナーノーツの解説では、1曲目「ムダな汗」は映画の始まりのようであると述べ、本アルバムを安全地帯の金字塔であるとした[16]

2曲目「R-『★』指定」は元々「R」という仮タイトルであり、「R」のイメージから作詞された[16]。安全地帯メンバーは旭川でのアマチュア時代に予定表に練習を意味する「R」と記入していた事もあり、当時全盛期であったイーグルスドゥービー・ブラザーズへの対抗心が歌詞の一部に表現されている[16]。また『★』の意味は指定がない、みんな自由であるとの意味で名付けられた[16]

3曲目「STEP!」は元々「ムダな汗」という仮タイトルであった[16]。「見返りを求めない愛」をテーマに作詞していた玉置が、ある時点で新大久保駅乗客転落事故にて死去した韓国人留学生であるイ・スヒョンの事を思い出し、詞のテーマが決定された[16]。詞の完成後に玉置はイ・スヒョンの奨学会を訪問し、遺族の了承を得ている[16]。同曲には韓国のラッパーであるThe Quiettが参加している[16]

4曲目「ビリケツ×ケチャップ」の冒頭のドラマ部分は玉置のソロアルバム『JUNK LAND』(1997年)に収録されていたテレフォン・ショッピングのパロディーの発展形である[16]。冒頭の人物の語りは全て玉置のアドリブであり、歌だけでは表現できない部分を補完する目的で収録された[16]。タイトルの「ビリケツ」は特攻隊、「ケチャップ」はアメリカを表しており、戦争をテーマにした曲となっている[16]

5曲目「MANGO」は本作制作中にマンゴーを頻繁に食しており、マンゴーを題材とした作詞を検討していた[16]。本曲の没バージョンには野球を題材とした「広島カープ編」が存在する[16]

6曲目「なにもないイス」は玉置のソロアルバム『カリント工場の煙突の上に』(1993年)の収録曲である「カリント工場の煙突の上に」の続編となる曲であり、同曲において題材となった、玉置の幼少期に川で溺死した近所の幼児の事を再度取り上げた曲である[16]

9曲目「なかなかベイビー」は玉置の愛犬であるティーカッププードルのチェリーを題材としている[16]

12曲目「結界」のタイトルの意味は、「境界をつくる」という意味ではなく「垣根を取っ払い、みんなで一つになる」という意味が込められている[16]。元々は軽井沢に居住していた時期に制作された曲であり、完成版よりテンポも遅くポップではない作品であった[16]。後に玉置は「この曲は大化けした」と述べている[16]

13曲目「清く 正しく 美しく」は、本作の中で最後に制作された曲である[16]。本来であれば他に2曲本作に収録される予定の曲があったが、急遽玉置の意向により一夜で本曲が制作された[16]。音楽情報サイト『BARKS』では本曲を「ボレロのリズムを基調にして静かに始まり、徐々に盛り上がってくる壮大なバラード・ナンバーであるが、一途にして強力なメッセージを湛えた重厚な作品である」と表現している[17]

リリース、プロモーション[編集]

本作リリースの告知は2011年4月22日以降にWeb媒体にて行われ、同時に全国ツアー開催の告知も行われた[18][19]。また、当初は「愛の戦友」、「SOS」という収録曲が発表されていた[18][19]

先行シングルとして8月24日リリースされた「結界」は、7月18日着うたおよび着うたフルにて先行配信された[20]。同時期に制作されたPVでは玉置が初監督を務めた他[20]、玉置の妻である青田典子が「玉置工子(たまきのりこ)」名義で出演している[21]。また「結界」が主題歌として使用された9月24日放送のBSフジテレビドラマ『フォルティッシモ―また逢う日のために―』に玉置が出演し、6年振りのテレビドラマ出演となった[22][23]

9月11日には新宿東口にあるユニカビジョンにて、玉置が監督した「清く 正しく 美しく」のPVが世界初公開された[17]。撮影は安全地帯の出身地である旭川にて行われ、冒頭では玉置による反戦と平和のメッセージが発信された[17]

9月14日にはユニバーサルミュージックジャパンよりコンパクトディスクにてリリースされた。初回限定盤として、シングル「結界」のPVおよびメイキング映像を収録したDVDが付属した2枚組でリリースされた[24]

2012年11月7日には限定版としてSHM-CDにて再リリースされた[25]他、2017年11月22日にはデビュー35周年を記念して紙ジャケット、SHM-CDにて再リリースされた[26][27][28]

ツアー[編集]

本作を受けてのコンサートツアー「コンサートツアー2011 " 田園~結界"」は、同年9月17日の南足柄市文化会館から12月18日の旭川市民文化会館 まで26都市全30公演に及んで開催された[29]

ツアー初日には1曲目に「田園」が演奏された他、本作収録曲を中心に演奏されたが「悲しみにさよなら」(1985年)や「好きさ」(1986年)、「じれったい」(1987年)等のヒット曲や玉置のソロ曲もファーストシングル「All I Do」を始めとして数曲演奏され、安全地帯のライブで玉置のソロ曲が初めて演奏される事となった[29]。中盤に演奏された『安全地帯VII〜夢の都』(1990年)の収録曲「プラトニック>DANCE」では玉置もドラムセットに座り、田中裕二とのツインドラムにて演奏された[29]。終盤には『安全地帯V』(1986年)収録曲の「燃えつきるまで」、『安全地帯XI ☆Starts☆「またね…。」』(2010年)収録曲の「蒼いバラ」が演奏された[29]

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[30][31]
TOWER RECORDS ONLINE肯定的[32][33][34]
  • 音楽情報サイト『CDジャーナル』では、当時スキャンダルが話題となっていた玉置に対して、「ワイドショー的な話題でなく、本来はその音楽性で騒がれていい」と玉置の才能を評価し、作品中で同じバンドとは思えない程「静と動」の振れ幅が大きいと指摘した上で「奔放で多彩な一枚」と本作を評価、さらに「MANGO」における「全部愛だ」という歌詞に「懐の大きさを感じる」と肯定的に評価、また「彼らの第2期黄金期の到来ともいえる充実作」と称賛した[30]。また再発盤では「清く 正しく 美しく」などを代表とした素直な言葉に玉置の人間性と音楽性が露わになるとした上で「今一度聴き直したい名盤」と絶賛した[31]
  • 音楽情報サイト『TOWER RECORDS ONLINE』では、「第2期黄金期の到来を予感させる出来ばえ」と称賛した[32]他、様々な題材の曲が収録されている事に関して「いま歌いたいことを躊躇なく<清く 正しく 美しく>編んでみせた」と指摘、さらに本作の「本気モード」を前にすると前作がご挨拶程度であったのではないかと絶賛した[33]。また、玉置とバンドとの創造性が充分に発揮された作品であるとした上で、「個々の楽曲のクオリティやアルバムのトータル性、力強いヴォーカルなど、名盤と呼ぶに相応しい作品」と称賛した[34]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位10位、登場回数6回となり、売り上げ枚数は0.8万枚となった。

収録曲[編集]

CD[編集]

全作詞: 玉置浩二、全編曲: 安全地帯
#タイトル作詞作曲時間
1.ムダな汗(Instrumental)(清く 正しく 美しく ~星たち~ 結界 ~ゼロ~)玉置浩二玉置浩二
2.R-『★』指定玉置浩二玉置浩二
3.STEP!(~李秀賢(イ・スヒョン)26年の生涯に捧ぐ~)玉置浩二玉置浩二、矢萩渉
4.ビリケツxケチャップ(~昭和ビリケツ物語~)玉置浩二玉置浩二
5.MANGO玉置浩二玉置浩二
6.なにもないイス(~ブラスバンド~)玉置浩二玉置浩二
7.いつもいつまでも玉置浩二玉置浩二
8.ラッタッタ玉置浩二玉置浩二
9.なかなかベイビー玉置浩二玉置浩二
10.無力の剣(~絵本~)玉置浩二玉置浩二、矢萩渉
11.本気モード玉置浩二玉置浩二
12.結界玉置浩二玉置浩二
13.清く 正しく 美しく玉置浩二玉置浩二
合計時間:

DVD[編集]

  1. 結界 (MUSIC VIDEO)
  2. MUSIC VIDEO MAKING

スタッフ・クレジット[編集]

安全地帯[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

  • 玉置浩二 - プロデューサー
  • 末崎正展(USMジャパン) - プロデューサー、A&Rプロデューサー
  • 松井寿成 - ディレクター
  • 山下昭和 - マネージャー
  • 山内克利 - サウンド・メーキング・コーパレーター
  • 柴田和也(伊豆スタジオ) - サウンド・メーキング・コーパレーター
  • 関谷典子(フェイス・ミュージック) - サウンド・メーキング・コーパレーター
  • 平賀裕二(サウンドクルー) - サウンド・メーキング・コーパレーター
  • 西村恭平 (Balloon Design) - アート・ディレクター、デザイナー
  • 須藤秀之 - 写真撮影
  • 横田勝広 (Daisy) - スタイリスト
  • 宮内直人 (SUGAR) - ヘアー&メイク・アップ
  • 山崎眞衣 (SUGAR) - ヘアー&メイク・アップ
  • 伊熊美砂 (SUGAR) - ヘアー&メイク・アップ
  • 宮本仁美(ユニバーサルミュージック) - アートワーク・コーディネーター
  • 高野泰博(USMジャパン) - メディア・プロモーター
  • 松岡祐子(USMジャパン) - メディア・プロモーター
  • 石角隆行(六角堂) - メディア・プロモーター
  • 水谷省吾(アットマン) - メディア・プロモーター
  • 北村勝(USMジャパン) - ウェブ・プロモーター
  • 内田有香(USMジャパン) - ウェブ・プロモーター
  • 橋本佳美(USMジャパン) - A&Rアシスタント
  • 山根裕子(USMジャパン) - A&Rデスク
  • 高橋浩嗣(ユニバーサルミュージック) - セールス・プロモーター
  • 宮崎耕(ユニバーサルミュージック) - セールス・プロモーター

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 2011年9月14日 ユニバーサルミュージック CD+DVD UICZ-9046(初回限定盤)
UICZ-4244 (通常盤)
10位 初回限定盤のみDVD付属
2 2012年11月7日 ユニバーサルミュージック SHM-CD UPCY-9247 - 限定盤
3 2017年11月22日 ユニバーサルミュージック SHM-CD UPCY-9716 - 紙ジャケット仕様

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ORICON STYLE”. オリコン. 2013年5月17日閲覧。
  2. ^ 安全地帯 -安全地帯 "完全復活"コンサートツアー 2010 ~Starts & Hits ~ 「またね…。」”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2020年5月3日閲覧。
  3. ^ 玉置浩二が豊乳美女…青田典子と結婚へ”. Nikkansports.com. 日刊スポーツ (2010年5月8日). 2020年1月2日閲覧。
  4. ^ 玉置浩二、青田典子とは復縁だった”. オリコンニュース. オリコン (2010年5月13日). 2020年5月4日閲覧。
  5. ^ 玉置浩二と青田典子が本日婚姻届を提出”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2018年8月15日). 2020年5月4日閲覧。
  6. ^ 安全地帯の玉置浩二と青田典子が結婚を発表” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2010年7月16日). 2020年5月4日閲覧。
  7. ^ TOKIO、最新シングルは玉置浩二が曲提供&安全地帯がプロデュース” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2010年7月7日). 2020年5月4日閲覧。
  8. ^ TOKIO「うぬぼれ」主題歌は玉置浩二&安全地帯プロデュース”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2010年7月8日). 2020年5月4日閲覧。
  9. ^ 玉置、生放送をドタキャン” (日本語). tv asahi 芸能&ニュース. テレビ朝日 (2010年12月5日). 2020年5月4日閲覧。
  10. ^ 玉置浩二が体調不良で生放送をドタキャン”. Nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2010年12月5日). 2020年5月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震津波の概要(第3報) (PDF)”. 日本気象協会 (2011年4月22日). 2011年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月21日閲覧。
  12. ^ 現地調査結果”. 東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ (2012年1月14日). 2012年2月9日閲覧。
  13. ^ 玉置&青田、安全地帯ライブも夫婦で熱唱” (日本語). tv asahi 芸能&ニュース. テレビ朝日 (2011年6月24日). 2020年5月4日閲覧。
  14. ^ 玉置 お騒がせチャリティー、募金はドタキャン”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2011年6月25日). 2020年5月5日閲覧。
  15. ^ a b 玉置浩二 「ライナーノーツ」 『安全地帯XII』、ユニバーサルミュージックジャパン、2011年。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t S.Y 「ライナーノーツ」 『安全地帯XII』、ユニバーサルミュージックジャパン、2011年。
  17. ^ a b c 安全地帯、「清く正しく美しく」で反戦と平和のメッセージ発信”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2011年9月13日). 2020年7月24日閲覧。
  18. ^ a b 安全地帯アルバムレコーディング突入!秋には全国ツアーも”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2011年4月22日). 2020年5月4日閲覧。
  19. ^ a b 安全地帯、新作に向け怒涛のレコーディング真っ最中”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2011年4月24日). 2020年5月4日閲覧。
  20. ^ a b 安全地帯、「結界」PVは玉置浩二自ら監督を”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2011年7月17日). 2020年5月4日閲覧。
  21. ^ 青田典子改め「玉置工子」安全地帯PV共演”. Nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2011年8月21日). 2020年8月1日閲覧。
  22. ^ “玉置浩二6年ぶりドラマ 新曲も提供”. 日刊スポーツ新聞社. (2011年9月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110918-836841.html 2020年5月5日閲覧。 
  23. ^ 注目リリース:玉置浩二:6年ぶりにドラマ出演 主題歌も安全地帯「結界」” (日本語). MANTANWEB. MANTAN (2011年9月18日). 2020年5月4日閲覧。
  24. ^ 安全地帯 / 安全地帯12 [CD+DVD] [限定]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2020年5月4日閲覧。
  25. ^ 安全地帯 / 安全地帯12 [SHM-CD] [限定]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2020年5月4日閲覧。
  26. ^ 安全地帯、これまでの全オリジナルアルバムを紙ジャケット仕様にして再販決定!”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク (2017年9月15日). 2019年8月12日閲覧。
  27. ^ 安全地帯デビュー35周年、オリジナルアルバム14タイトルを紙ジャケで一挙再発”. Musicman-net. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2017年9月15日). 2019年8月12日閲覧。
  28. ^ 安全地帯、1983~2013年発表の14タイトルが紙ジャケで一挙再発”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年9月19日). 2019年8月12日閲覧。
  29. ^ a b c d 安全地帯、全国ツアースタート”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2011年9月18日). 2020年5月4日閲覧。
  30. ^ a b 安全地帯 / 安全地帯12”. CDジャーナル. 音楽出版. 2020年5月4日閲覧。
  31. ^ a b 安全地帯 / 安全地帯12 [紙ジャケット仕様] [SHM-CD] [限定]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2020年5月4日閲覧。
  32. ^ a b JMD (2011年9月8日). “安全地帯/安全地帯XII [CD+DVD]<限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2020年5月4日閲覧。
  33. ^ a b 久保田泰平 (2011年9月25日). “安全地帯/安全地帯XII [CD+DVD]<限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2020年5月4日閲覧。
  34. ^ a b JMD (2017年9月16日). “安全地帯/安全地帯 XII<生産限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2020年5月4日閲覧。