安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」
安全地帯ライブ・ビデオ
リリース
録音 2019年11月16日阪神甲子園球場
ジャンル J-POP
レーベル 日本コロムビア
チャート最高順位
安全地帯 映像作品 年表
安全地帯 ALL TIME BEST「35」〜35th Anniversary Tour 2017〜LIVE IN 日本武道館
(2019年)
安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」
(2020年)
テンプレートを表示

安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」』(あんぜんちたい イン こうしえんきゅうじょう 「さよならゲーム」)は、日本のロックバンド安全地帯のライブ・ビデオ。ライブ・アルバムの方もこちらに記載する。

解説[編集]

映像作品としては、前作『安全地帯 ALL TIME BEST「35」〜35th Anniversary Tour 2017〜LIVE IN 日本武道館』より、約8ヶ月振りとなる。

阪神甲子園球場にて行われたライブ公演の様子が収められており、 バンドとしてスタジアム・ライブを行うのは、1986年に行われたライブ『STARDUST RENDEZ-VOUS スターダスト・ランデブー 井上陽水・安全地帯 LIVE at 神宮球場』以来、約30年振りとなり、阪神甲子園球場にてライブを行うのは今回がバンド自身初となる[3]

また、今回のライブは、開催が決定した数ヶ月後にドラマーの田中裕二脳内出血発症により、入院を余儀無くされ、公演の復帰に向けて療養とリハビリを継続していたが、復帰出来る状態にまでは回復させる事ができず、やむ無く公演の欠席を決めたため、今回は田中がいない4人でやることとなったが、田中の前向きな意思とメンバーの「全員が一丸となって、この公演をやり遂げていこう。」と言う思いを受け、開催に至った[4]

収録曲[編集]

  1. Endless (プロローグ)
  2. We're alive
  3. 情熱
  4. 銀色のピストル
  5. 1991年からの警告
  6. Lonely Far
  7. 熱視線
  8. 好きさ
  9. プラトニック>DANCE
  10. 遠くへ
  11. 恋の予感
  12. 碧い瞳のエリス
  13. Friend
  14. 夕暮れ –instrumental-
  15. 夢のつづき
  16. あなたに
  17. ワインレッドの心
  18. 蒼いバラ
  19. 真夜中すぎの恋
  20. じれったい
  21. メンバー紹介
  22. 悲しみにさよなら
  23. ひとりぼっちのエール
アンコール
  1. I Love Youからはじめよう
  2. あの頃へ
  3. Endless (エンドロール)
特典映像
  1. Documentary of 安全地帯

安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」 (ライブ・アルバム)[編集]

安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」
安全地帯ライブ・アルバム
リリース
録音 2019年11月16日、阪神甲子園球場
ジャンル J-POP
レーベル 日本コロムビア
チャート最高順位
  • 21位 (オリコン) [5]
安全地帯 アルバム 年表
ALL TIME BEST
(2017年)
安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」
(2020年)
テンプレートを表示

安全地帯 IN 甲子園球場「さよならゲーム」』(あんぜんちたい イン こうしえんきゅうじょう 「さよならゲーム」)は、日本のロックバンド安全地帯のライブ・アルバム。

2020年8月19日に日本コロムビアより発売された。

解説[編集]

ライブ・アルバムとしては、2010年の『安全地帯 “完全復活” コンサートツアー2010 Special at 日本武道館 〜Start & Hits〜「またね…。」』より約10年振りとなる。

上記ライブの音源がノーカットで収録されている。CDとLPで発売された。

CDHBlu-rayやDVDに施したマスタリングとは全く別のマスタリング作業を施した音源で収録され、当日の息吹や、甲子園球場での臨場感、バンドサウンドのダイナミックさを最大限に引き出すため、細部の細部まで拘りを持って仕上げられた[6]

ボーカルの玉置浩二は本作に関して「あの時を振り返ってね、今思うとあの時、本当に甲子園ライブやってよかったなと思うんだよね。あの時の音や映像に触れる度にすごくしみじみ感じることが多くてさ。あの甲子園球場でやることが決まってからは、スタッフも色々と動いてくれていたんだけど、その矢先に田中が倒れちゃって。その事もあって凄く悩みに悩んだんだけど、やっぱり、最後までやり遂げよう!って決めてさ、それでやった結果、物凄く素晴らしいライブが出来上がったんだよ。もう、来てくださったファンの皆さん、動いてくれたスタッフも、着いてきてくれたメンバー、全員が輝いて見えたね。今回、CD、LPで発売することになったんだけど、映像がない分だけ、音が違ってくるんだよね。その当時の息吹を大事にしながら、よりクオリティを上げた音に整理し直していったんだよ。俺も仕上がりは楽しみにしているし、これ以上無いって位最高の出来に仕上がったと思うなあ。」と語っている[6]

収録曲[編集]

Disc.1[編集]

  1. Endless (プロローグ)
  2. We're alive
  3. 情熱
  4. 銀色のピストル
  5. 1991年からの警告
  6. Lonely Far
  7. 熱視線
  8. 好きさ
  9. プラトニック>DANCE
  10. 遠くへ
  11. 恋の予感
  12. 碧い瞳のエリス
  13. Friend

Disc.2[編集]

  1. 夕暮れ –instrumental-
  2. 夢のつづき
  3. あなたに
  4. ワインレッドの心
  5. 蒼いバラ
  6. 真夜中すぎの恋
  7. じれったい
  8. メンバー紹介
  9. 悲しみにさよなら
  10. ひとりぼっちのエール
アンコール
  1. I Love Youからはじめよう
  2. あの頃へ
  3. Endless (エンドロール)

脚注[編集]

[脚注の使い方]