安全衛生優良企業公表制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安全衛生優良企業公表制度(あんぜんえいせいゆうりょうきぎょうこうひょうせいど)は、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省から認定を受けた企業を公表する2015年6月1日からはじまった制度。

認定された企業は厚生労働省のサイト上で公表され(2017年12月15日現在で33社が認定済み[1])、また安全衛生優良認定マーク(Wマーク)を自社サイトなどに掲載することができる。

2017年7月1日に安全衛生優良企業公表制度の認定基準が更新された。

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安全衛生優良企業公表制度 > 優良企業の紹介”. 厚生労働省. 2018年2月28日閲覧。