安別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安別駅
やすべつ
Yasubetsu
山軽 (2.7*km)
(2.4*km) 飛行場前
所在地 北海道枝幸郡浜頓別町字安別
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 70.4*km(音威子府起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)11月19日(仮乗降場)
1987年(昭和62年)4月1日(駅昇格)
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
*キロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)
テンプレートを表示
1977年の安別仮乗降場と周囲約500m範囲。左上が南稚内方面。周囲を防風雪林に覆われている。左はポン沼と呼ばれる沼、下はクッチャロ湖の小沼北岸、右上方向に酪農地帯が広がり民家が点在する。浜頓別側に踏切があり、線路の左側の黒く細長いものがホーム。青い楕円状の物が踏切近くに写っているが、ここには普通の小屋の待合室があった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

安別駅(やすべつえき)は、かつて北海道宗谷支庁枝幸郡浜頓別町字安別に設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。天北線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1956年(昭和31年)11月19日 - 日本国有鉄道(国鉄)北見線の安別仮乗降場設定)として開業。
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 路線名が天北線に改称され、それに伴い同線の仮乗降場となる。
  • 1980年(昭和55年)5月19日 - 当仮乗降場附近で火災が発生し、民家からの延焼により、当仮乗降場および周囲の防雪林が全焼(この火災により、普通列車6本運休)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR北海道に承継。同時に駅に昇格、安別駅となる。
  • 1989年(平成元年)5月1日 - 天北線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅名の由来[編集]

地名より。アイヌ語で「網を使う・川」を意味する「ヤㇲペッ(yas-pet)」、あるいは「網・いつも使う・川」を意味する「ヤウㇱペッ」に由来する[1]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の西側(南稚内方面に向かって左手側)に存在した。

仮乗降場に出自を持つ無人駅となっており、駅舎は存在せず、ブロック造り[2]待合所を有していた。

駅周辺[編集]

広大な牧草地、原野が広がっている。

駅跡[編集]

安別駅跡(2011年8月5日)

周辺の線路跡は、浜頓別駅跡から猿払駅跡までが「北オホーツクサイクリングロード」に転用されている[2]

2001年(平成13年)時点ではサイクリングロード沿いに待合所、通信中継室が残存し、待合所はサイクリングの休憩所に再利用されていた[2]。2010年(平成22年)時点[4]、2011年(平成23年)時点でも同様で、「休けい所・便所」と記載されていた[5]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
天北線
山軽駅 - 安別駅 - 飛行場前駅

脚注[編集]

  1. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 93. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月27日閲覧。. 
  2. ^ a b c 『鉄道廃線跡を歩くVIII』 宮脇俊三JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、2001年7月、40-41頁。ISBN 978-4533039072。
  3. ^ 『北海道道路地図 改訂版』 地勢堂、1980年3月、17頁。
  4. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』 今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、18頁。ISBN 978-4533078583。
  5. ^ 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社、2011年9月、249-250頁。ISBN 978-4894536128。

関連項目[編集]