安原和見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安原 和見(やすはら かずみ、1960年 - )は、日本の翻訳家鹿児島県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。

ノンフィクション、ミステリ、テレビ・映画関連本を中心に翻訳をしている。ダグラス・アダムズの『銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズの新訳版も担当している。

翻訳本[編集]

  • 『世界の七不思議 現代に生きる幻想の起源』ジョン・ローマー, エリザベス・ローマー著 河出書房新社,1997.8
  • 『遠い女』ブライアン・フォーブス 二見書房,1997.7(二見文庫)
  • 『チップに賭けた男たち』ボブ・ジョンストン 講談社,1998.12
  • 『「人殺し」の心理学』デーヴ・グロスマン 原書房,1998.7 - のち『戦争における「人殺し」の心理学』と改題してちくま学芸文庫
  • 『石器時代文明の驚異 人類史の謎を解く』リチャード・ラジリー 河出書房新社,1999.9
  • 『アメリカの刺客』ジェイムズ・セイヤー 新潮社,2000.7(新潮文庫)
  • 『ファッションデザイナー 食うか食われるか』テリー・エイギンス 文藝春秋,2000.8(文春文庫)
  • 『良い父親、悪い父親 動物行動学から見た父性』ジェフリー・M.マッソン 河出書房新社,2000.10
  • 『リナックスの革命 ハッカー倫理とネット社会の精神』ペッカ・ヒマネン 山形浩生共訳 河出書房新社,2001.5
  • 『エーテル・デイ 麻酔法発明の日』ジュリー・M.フェンスター 文藝春秋,2002.6(文春文庫)
  • オーシャンズ11』デュウィ・グラム 新潮社,2002.1(新潮文庫)
  • 『公認売春宿』アレクサ・アルバート 講談社,2002.9
  • 『殺したのは私』メアリ・H・クラーク 深町眞理子共訳 新潮社,2002.10(新潮文庫)
  • 『見ないふりして』メアリ・H.クラーク 深町眞理子共訳 新潮社,2002.3(新潮文庫)
  • 宇宙船レッド・ドワーフ号1』グラント・ネイラー 河出書房新社,2003.1
  • 宇宙船レッド・ドワーフ号2』グラント・ネイラー 河出書房新社,2003.2
  • 『宇宙船レッド・ドワーフ号完全ガイド』クリス・ハウアス, スティーヴ・ライアンズ (監訳) 河出書房新社,2003.5
  • 『火事を知らせる猫贈り物をする犬 心をうつ動物たちのほんとうの話』クリスティン・フォン・クライスラー 光文社,2003.1
  • 『外科医』テス・ジェリッツェン 文藝春秋,2003.8(文春文庫)
  • 『ザ・メイン・エネミー CIA対KGB最後の死闘 上下』ミルト・ベアデン, ジェームズ・ライゼン 著 花田知恵共訳 ランダムハウス講談社,2003.12
  • 『犯罪現場は語る完全科学捜査マニュアル』N.E.ゲンジ 著 河出書房新社,2003.12
  • 『セックス・アンド・ザ・シティのキュートな欲望 性とファッションの秘密を探る』キム・アカス,ジャネット・マッケイブ編 柿沼瑛子,古屋美登里共 訳 朝日出版社,2004.11
  • 『魔が解き放たれる夜に』メアリ・H.クラーク 新潮社,2004.5(新潮文庫)
  • 『ブラッドタイド』メルヴィン・バージェス 東京創元社,2005.3(創元推理文庫)
  • 『悪夢の帆走』ジェイムズ・セイヤー 新潮社,2005.7(新潮文庫)
  • 銀河ヒッチハイク・ガイドダグラス・アダムス 河出書房新社,2005.9(河出文庫)
  • 『宇宙の果てのレストラン』ダグラス・アダムス 河出書房新社,2005.9(河出文庫)
  • 『宇宙クリケット大戦争』ダグラス・アダムス 河出書房新社,2006.4(河出文庫)
  • 『元気なぼくらの元気なおもちゃ』ウィル・セルフ 著 河出書房新社,2006.5(奇想コレクション
  • 『さようなら、いままで魚をありがとう』ダグラス・アダムス 河出書房新社,2006.6(河出文庫)
  • 『ほとんど無害』ダグラス・アダムス 河出書房新社,2006.8(河出文庫)
  • 『モンスター 「ドクター・フー」オフィシャル・ガイド1』ジャスティン・リチャーズ 花田知恵共訳 キネマ旬報社,2006.10
  • 『エイリアン 「ドクター・フー」オフィシャル・ガイド2』ジャスティン・リチャーズ 花田知恵共訳 キネマ旬報社,2006.12
  • 『インサイド・ストーリー 「ドクター・フー」オフィシャル・ガイド3』ジャスティン・リチャーズ 花田知恵共訳 キネマ旬報社,2007.3
  • 『白い首の誘惑』テス・ジェリッツェン 文藝春秋,2007.3(文春文庫)
  • 『数学の楽しみ 身のまわりの数学を見つけよう』テオニ・パパス 筑摩書房,2007.10(ちくま学芸文庫)
  • 『聖なる罪びと』テス・ジェリッツェン 文藝春秋,2007.9(文春文庫)
  • 『2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズ』ホイットリー・ストリーバー エンターブレイン,2008.1
  • 『黒き戦士の恋人』J.R.ウォード 二見書房,2008.8(二見文庫)
  • 『「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム』デーヴ・グロスマン, ローレン・W.クリステンセン著 二見書房,2008.3
  • 『ゆかいな理科年表』スレンドラ・ヴァーマ 筑摩書房,2008.11(ちくま学芸文庫)
  • 『永遠なる時の恋人』J.R.ウォード 二見書房,2009.5(二見文庫)
  • 『運命を告げる恋人』J.R.ウォード 二見書房,2009.11(二見文庫)
  • 『世界の奇妙な博物館』ミッシェル・ロヴリック 筑摩書房,2009.1(ちくま学芸文庫)
  • かいじゅうたちのいるところメイキングブック 頭をかぶって撮影だ マクスウィニーズ社編集版より』マクスウィニーズ社編 ミシェル・カン監修 河出書房新社,2010.6
  • 『高慢と偏見とゾンビ』ジェイン・オースティン, セス・グレアム=スミス著 二見書房,2010.2(二見文庫)
  • 『とりあえず分かる!世界の紛争地図』ボブ・ハリス 筑摩書房,2010.7(ちくま学芸文庫)
  • アダムス・ファミリー全集』チャールズ・アダムス著 H.ケヴィン・ミゼロッキ編 河出書房新社,2011.10
  • 『これが見納め 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景』ダグラス・アダムス,マーク・カーワディン著 みすず書房,2011.7
  • 『新銀河ヒッチハイク・ガイド 上下』E.コルファー 河出書房新社,2011.5(河出文庫)
  • 『スナイパー 現代戦争の鍵を握る者たち』ハンス・ハルバーシュタット 河出書房新社,2011.6.
  • 『闇を照らす恋人』J.R.ウォード 二見書房,2011.6(二見文庫)
  • 『世界鉄道史 血と鉄と金の世界変革』クリスティアン・ウォルマー 須川綾子共訳 河出書房新社,2012.2
  • 『ロングウォーク : 爆発物処理班のイラク戦争とその後』ブライアン・キャストナー 河出書房新社 2013
  • 『エンジニアリングの真髄 : なぜ科学だけでは地球規模の危機を解決できないのか』ヘンリー・ペトロスキー 筑摩書房 2014
  • 『思考のトラップ : 脳があなたをダマす48のやり方』デイヴィッド・マクレイニー 二見書房 2014
  • 『南シナ海 : アジアの覇権をめぐる闘争史』ビル・ヘイトン 河出書房新社 2015
  • 『ドキュメンタリー映画史』エリック・バーナウ 筑摩書房 2015
  • 『鋼鉄の黙示録』チャーリー・ヒューマン 東京創元社 2015 (創元SF文庫)
  • 『情熱の炎に抱かれて』J.R.ウォード 二見書房 2015 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
  • 『人間さまお断り : 人工知能時代の経済と労働の手引き』ジェリー・カプラン 三省堂 2016
  • 『モンティ・パイソンができるまで : ジョン・クリーズ自伝』ジョン・クリーズ 早川書房 2016
  • 『二重スパイコード・ネーム《ガルボ》 : 史上最も偉大なダブル・エージェントがノルマンディー上陸作戦を成功に導くまで』ジェイソン・ウェブスター 河出書房新社 2016
  • オリエント急行殺人事件アガサ・クリスティー 光文社 2017 (光文社古典新訳文庫)
  • 『漆黒に包まれる恋人』J.R.ウォード 二見書房 2017 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
  • 『ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所』ダグラス・アダムス 河出書房新社 2017 (河出文庫)
  • ダグラス・アダムス『長く暗い魂のティータイム』河出文庫、2018年3月