安宅パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安宅パーキングエリア
安宅スマートインターチェンジ
Ataka PA.Descending line.01.jpg
安宅パーキングエリア(下り線・富山方面)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 13-1
料金所番号 01-143
本線標識の表記 安宅
起点からの距離 144.7 km(米原JCT起点)
片山津IC (4.0 km)
(4.6 km) 小松IC
接続する一般道 石川県道20号小松加賀線
(下り線は市道経由)
供用開始日 1973年昭和48年)10月17日 (PA)
2009年平成21年)4月1日 (SIC)
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
所在地 923-0983
石川県小松市日末町
備考 福井方面出入口のみのETC専用ハーフIC
国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
安宅PAの形状。画像左は片山津IC方面、画像右は小松IC方面。2009年(平成21年)撮影。

安宅パーキングエリア(あたかパーキングエリア)は、石川県小松市日末町にある北陸自動車道パーキングエリアである。安宅スマートインターチェンジを併設する。

福井方面のみのスマートインターチェンジが設置されている。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(福井・米原・舞鶴方面)[編集]

下り線(金沢・富山・新潟方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 5台
    • 小型 20台
  • トイレ
    • 男性 大2・小4
    • 女性 5
    • 車椅子用 1(オストメイト対応)
  • 自動販売機

安宅スマートインターチェンジ[編集]

下り、福井方面からの出口

福井方面のみのスマートICが設置されており、2008年平成20年)3月23日から福井方面のみのスマートIC社会実験を開始[1]2009年(平成21年)4月1日から本格稼動している[2][3]。これは福井県や経済団体から小松空港へのアクセス改善の要望により開設したものである[4]

石川県道20号小松加賀線に接続する。これに伴い、これまで片山津ICを経由していた福井 - 小松空港間の連絡バス京福バス福井鉄道がインター開設時に運行、現在は京福のみ運行)が当スマートIC経由に変更されたが、これは定期路線バスでは全国初の例である。

なお、福井方面への上り線は、PAから本線へ流入するランプウェイと合流しており、福井方面からの下り線は、PAへ流出するランプウェイの途中で分岐していることから、PAを利用してからスマートICを使って一般道へ出ることはできず、また一般道からスマートICへ入ってからPAを利用することもできない。

2020年令和2年)3月29日に運用時間がそれまでの6:00 - 22:00から24時間に拡大された[5]

運用形態など[編集]

  • 運用形態:ETC専用(いったん停止型)、福井方面のみのハーフIC
  • 運用時間:24時間
  • 対象車種:ETC車載器搭載の自動車・二輪車
  • 接続道路:石川県道20号小松加賀線

[編集]

E8 北陸自動車道
(13)片山津IC - (13-1)安宅PA/スマートIC - (14)小松IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 安宅PAスマートIC社会実験 - 石川県
  2. ^ “NEXCO中日本、北陸道など3路線で5カ所のスマートICを4月から営業開始”. Car Watch. (2009年3月31日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/080209.html 2019年8月21日閲覧。 
  3. ^ 小松空港の利便性向上に努めています”. 福井県総合政策部交通まちづくり課 (2017年5月11日). 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ 記者会見の要旨 - 平成19年9月4日 - 3 安宅PAスマートICの整備”. 石川県総務部秘書課 (2010年4月9日). 2019年8月21日閲覧。
  5. ^ E8 北陸道 安宅スマートICが24時間ご利用可能となります 〜2020年3月29日(日)午前6時より〜”. 石川県・中日本高速道路株式会社 (2020年2月20日). 2020年2月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]