安宅美春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安宅美春
生誕 (1968-02-28) 1968年2月28日(51歳)
出身地 石川県金沢市
ジャンル ロック
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1990年 -

安宅 美春(あたか みはる、1968年2月28日 - )は、日本ギタリストミュージシャン石川県金沢市出身。血液型AB型。既に活動停止中のKIX-Sギタリストで、現在はATAKA音楽教室の代表を務める。 かつては渡辺プロダクションの一レーベルである「ドリーミックス」のち同じ渡辺プロダクションの一レーベルである「マニア・マニア」に所属していた。 一児の母。

来歴[編集]

  • 1988年 - 藤生ゆかり、山中裕子とガールズバンドThe Groopies結成。リクルート主宰、フロームAバンドコンテスト、グランプリ受賞。
  • 1990年 - B'zプロデュースによる、シングル「孤独のRunaway」で日本女性初ソロギタリストデビュー。
アマチュア時代、 154cm、40kgという小柄な体で、ヘッドバンギングをしながらステージ上を右往左往走りギターを弾く姿から 「sweet little pump」というキャッチフレーズがついた。
  • 1991年 - 浜口司KIX-Sを結成。楽曲の作曲とギターを担当。
  • 1997年 - KIX-SThe KIX-Sに改名。
  • 1998年 - 爆風スランプのアルバム「ハードボイルド」収録曲「盆栽」をファンキー末吉と共同作曲。その後、KIX-S活動休止。
  • 2000年 - テクノユニットBand-i-amir(バンディ・アミール)結成。メンバーは藤生ゆかり 森安信夫。7月に同タイトルのミニアルバムを発売。
  • 2002年 - o-gear(オギャー)開始。ギター・ボーカルを務める。メンバーは、ボーカル・ベース ナツミ/ドラム ヤンマー
  • 2004年 - KIX-S活動再開の形で、4人編成にし、K-SEED結成。翌年解散。
  • 2005年 -音楽教室「いどふりみえろ教室」(現・「ATAKA音楽教室」)を東京杉並区に開校。教室名は「音楽理論スケール」の「チャーチモード」の頭文字から。
  • 2007年 - 第1回「演奏会」開催。
  • 2009年2010年 - 歌手の鈴里真帆ボーカルスクール「Suzuri Vocal Therapy」と合同で「ATAKA音楽教室演奏会」開催。

その他[編集]

いとこにLiBLAZEタップダンサーのkuriko、九州ドラムグループ代表取締役の西本眞也がいる。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

ギターインストシングル。テレビ朝日系ドラマ「代表取締役刑事」OP。作曲はB'z松本孝弘、コーラスは稲葉浩志。後にB'zとW-NAOがカバーした。カップリングの「KNOCK ME」は安宅が作曲したオリジナル曲。

アルバム[編集]

ギターインストアルバム。シングルCDに収録されていた「孤独のRunaway」と「KNOCK ME」の2曲の他、ゲストボーカルに早尻翔介(後のT-BOLAN森友嵐士)、ドラムにLOUDNESS樋口宗孝を迎えたBOØWYの「IMAGE DOWN」のカバー、ゲストボーカルに大黒摩季(デビュー前。当時の表記は大黒摩紀)を迎えた山下久美子の「WHY?」「LOVE & PEACE」「BIBBIDI,BOBBIDI,BOO」のカバーを含めた計6曲が収録されている。
  • Band-i-amir (2000年7月31日)
メンバーは藤生ゆかりと藤井フミヤ、一青窈らの作曲、編曲、プロデュースや福山雅治などのマニピュレートを務めている森安信夫。
テクノの専門誌『ele-king』クラブミュージック専門誌『REMIX』に取り上げられ、野田努、小泉雅史らから称賛を得た。

作曲提供[編集]

関連項目[編集]