安定衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安定衛とは、河西回廊明朝が設置した羈縻衛所の1つで、現在の中華人民共和国甘粛省青海省新疆ウイグル自治区の境界線上に位置していた。名目上こそ明朝の統治下にある衛所の1つであるが、実態は元代から続くチャガタイ安定王家を戴くモンゴル系国家であった。

安定衛前史[編集]

クビライアリク・ブケ兄弟による帝位継承戦争後、中央アジアのチャガタイ家ではカーン(大ハーン)の統制を離れて内部抗争が激化しており、多くのチャガタイ家王族が中央アジアを離れてクビライの統治する大元ウルスへ移住してきていた。チャガタイの庶長子モチ・イェベの孫であるバイダカン1270年に大元ウルスに移住し[1]、王爵を授与された。同年、移住してきたバイダカン率いる遊牧集団は疲弊していたため、遊牧生活を維持できる者たちはジュンガリア西部のコンクル・オルン(黄忽児玉良/Qongqur-ölüng)に、そうでない者たちは河西の諸城(粛州・沙州・甘州)に収容した[2][3]

バイダカンら大元ウルスに移住したチャガタイ系諸王は皆河西地方に居住し、コムルを拠点とするチュベイを中心とした緩やかなまとまり(チュベイ・ウルス)を形成していた。このため、バイダカンはチュベイとともに屡々カイドゥの軍勢と戦っている[4]。コムルの豳王家を頂点として周囲のチャガタイ系王家が連合体を形成する、といった状況は明代に入っても変わらず、哈密衛(チュベイ家)と安定衛(バイダカン家)・沙州衛(スレイマン家)との関係にも引き継がれた。

バイダカンの息子と見られる[5]トガンはバイダカンの後を継ぎ、皇慶2年(1313年)に朝廷から安定王に封ぜられた[6]。泰定年間にはトガンの息子ドルジバルが安定王位を継承し[7]、詳細は不明であるが明朝の成立まで安定王家は存続したものと見られる。

安定衛史[編集]

安定衛の成立[編集]

明朝が成立したばかりの頃、安定王家を継承していたのはブヤン・テムルであった。洪武7年(1374年)、安定王ブヤン・テムルは明朝に使者を派遣して明朝の冊封を受け[8]、阿端方面の酋長もまた銅印を支給された[9]。翌洪武8年(1375年)、ブヤン・テムルは再び使者を明朝に派遣して明朝の官職を授けるよう請願し、これを受けて洪武帝は安定衛・阿端衛を設置した[10][11]。しかし洪武10年(1377年)には安定衛のブヤン・テムルとその息子が曲先衛の者達に殺されるという事件が起き[12]、その後も番将ドルジバルがこの一帯を転戦したためサリク・ウイグル地方は荒廃するに至った。安定衛の混乱は洪武29年にようやく沈静化し、この時明朝は改めて安定衛指揮使司を設置した[13]

バイダカン安定王家[編集]

  1. バイダカン(Baidaqan,拝荅寒/Bāīdaghānبایدغان)
  2. 安定王トガン(Toγan,安定王脱歓/Ṭūghānطوغان)
  3. 安定王ドルジバル(Dorǰibar,安定王朶児只班)
  4. 安定王ブヤン・テムル(Buyan Temür,安定王卜煙帖木児)

安定衛統治者[編集]

  1. 安定王ブヤン・テムル(Buyan Temür,安定王卜煙帖木児)
  2. 安定王亦攀丹(安定王亦攀丹/亦班丹)…ブヤン・テムルの孫
  3. 安定王桑児加失夾(安定王桑児加失夾)
  4. 安定王領占斡些児(安定王領占斡些児/領占俄些児/領真斡即児)
  5. 安定王千奔(安定王千奔)

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻7,「[至元七年秋七月]乙卯、賜諸王拝荅寒印及海青・金符二」
  2. ^ 『元史』巻7,「[至元七年八月]己巳……諸王拝荅寒部曲告饑、命有車馬者徙居黄忽児玉良之地、計口給糧、無車馬者就食粛・沙・甘州」
  3. ^ 杉山2004,307-308頁
  4. ^ 『元史』巻16,「[至元二十七年春正月]己未……章吉寇甘木里、諸王朮伯・拝荅寒・亦憐真撃走之」
  5. ^ 杉山2004,305-306頁
  6. ^ 『元史』巻24,「[皇慶二年八月]戊申、封脱歓為安定王、賜金印」
  7. ^ 『元史』巻29,「[泰定二年二月]辛卯、賑安定王朶児只班部軍糧三月」
  8. ^ 洪武八年正月癸亥「撒里畏兀児安定王卜煙帖木児遣王傅不顔不花等、来朝献故元所授金銀字牌。詔賜不顔不花等文綺衣服、有差」
  9. ^ 『明太祖実録』洪武七年六月壬戌「西域撒里畏兀児安定王卜煙帖木児遣其府尉麻荅児・千戸剌爾嘉、来朝貢鎧甲刀劍等物。撒里畏兀児者韃靼別部也。其地広袤千里去甘肅一千五百里、東抵罕東、西距天可里、北邇瓜沙州、南界吐蕃、居無城郭、以氊帳為廬舍、産多駝馬牛羊。至是、来朝貢、詔遣使賜卜煙帖木児織錦・文綺・四匹麻荅児等羅衣二。仍命召其酋長立為四部、給銅印曰阿端、曰阿真、曰苦先、曰帖里」
  10. ^ 『明太祖実録』洪武八年正月丙戌「置安定・阿端二衛指揮使司、従撒里畏兀児卜煙帖木児之請也。以沙剌為指揮同知、亦班藏卜・卜理不花・護出完者帖木児為指揮僉事」
  11. ^ 『明太祖実録』洪武九年十月丁巳「遣前広東行省参政鄭九成・同河南衛百戸羅福齎金織文綺衣服、往陝西安定斡端衛并撒里畏吾児等地、賜賚元宗室寧王卜煙帖木児等官五十九人」
  12. ^ 洪武十年四月乙亥「曲先衛指揮沙剌殺故元安定王卜煙帖木児、其子板咱失里殺沙剌、以報父讎。既而板咱失里復為沙剌部将所殺」
  13. ^ 『明太祖実録』洪武二十九年三月壬午「遣行人陳誠立撒里畏兀児為安定衛指揮使司。初自安定王卜煙帖木児遣使朝貢、詔立其酋長為四部、給銅印守其地。後番将朶児只巴叛遁沙漠過其地、大肆殺掠并奪其印去。由是其部微弱。藍玉西征兵徇阿真川土酋司徒哈昝等懼竄匿山谷、不敢出及粛王之国。甘州哈昝等遣僧撒児加藏卜等至甘州見王乞授官、以安部属王為奏請。於是遣誠立其部為安定衛、以銅印五十八給之置官属如諸衛」

参考文献[編集]

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年

関連項目[編集]