安居院経市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安居院 経市(あごいん きょういち[1] / けいいち、1890年明治23年)5月[2][3][4] - 1978年昭和53年)10月6日[1])は、大正から昭和時代の銀行家

経歴[編集]

安居院栄三郎の三男として兵庫県に生まれ、1914年(大正3年)叔父・音吉の家督を継ぐ[2]1917年(大正6年)京都帝国大学法科政治科を卒業し、三菱銀行に入社する[2][3][4]。その後、日本橋支店副長、本店内国課副長、四谷・小樽・大森・横浜各支店長を経て参事となった[2][3][4]1944年(昭和19年)退職[4]。後に興亜石油常務取締役を務め、1978年(昭和53年)に老衰により東京都大田区北千束の自宅にて死去した[1]

人物[編集]

日蓮宗を信仰していた[2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 朝日新聞』昭和53年10月7日朝刊、第23面の訃報より
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第11版 上』、ア1頁
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第13版 上』、ア1頁
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第15版 上』、ア1頁