安岡嘉助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安岡 嘉助(やすおか かすけ、天保7年11月22日1836年12月29日) - 文久4年2月16日1864年3月23日)は、幕末の志士。名は正定。

土佐国香美郡山北村土佐藩郷士・安岡正理(文助)の二男として生まれる。母は同村・藤田柳蔵の娘・みつ。

土佐勤王党に所属し、文久2年(1862年那須信吾大石団蔵とともに政敵であった吉田東洋を暗殺して脱藩、京都で久坂玄瑞の保護を受け、一時薩摩藩邸に居留した。文久3年(1863年)いわゆる天誅組の変に参加して敗北。戦闘で負傷して捕えられて京都六角獄舎に入り、翌年に処刑された。享年29。

小説家の安岡章太郎は嘉助の子孫で、嘉助ら安岡一族を題材とした『流離譚』を著した。

安岡嘉助が登場する関連作品[編集]

映画
テレビドラマ
漫画
テレビアニメ