安岡正光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安岡正光

安岡 正光(やすおか まさみつ、1896年明治29年)2月15日 - 1962年昭和37年)4月20日[1])は、日本の内務警察官僚。官選山梨県知事

経歴[編集]

福島県伊達郡梁川町(現伊達市梁川町)元陣内で、眼科・安岡正熈(せいき)の二男として生まれる[1]。梁川小学校、福島中学校(現福島県立福島高等学校)を経て第一高等学校を卒業。1918年10月、高等試験に合格。1919年(大正8年)、東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。同年7月に 内務省に入省し内務属・会計課勤務となる[1][2][3]が休職となり、同年12月に一年志願兵として善通寺歩兵第43連隊に入隊し現役満期後に再び内務属となった。

以後、1921年(大正10年)4月に長崎県警視、同年12月神奈川県警視、1923年(大正12年)4月に愛媛県理事官となり、1925年(大正14年)5月に兵庫県に転じ、1929年(昭和4年)7月岡山県書記官・学務部長、1931年(昭和6年)1月長崎県書記官・学務部長、同年12月千葉県書記官・警察部長、1932年(昭和7年)8月京都府書記官・警察部長、1935年(昭和10年)1月広島県書記官・総務部長、1937年(昭和12年)7月兵庫県書記官・総務部長、1939年(昭和14年)4月神奈川県書記官・総務部長などを歴任[1][2]

1940年(昭和15年)1月19日、山梨県知事に就任。体育奨励、学校教員・警察官の待遇改善、大政翼賛会県支部組織などに尽力[1][2]1941年1月7日、依願免本官となり退官した[3][4]

その後、千葉市松波町(現中央区松波)に住み、帝都高速度交通営団監事、東京商工経済会理事、関東地方厚生保護委員などを務めた[1][2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『山梨百科事典』増補改訂版、943-944頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』507頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』221頁。
  4. ^ 『官報』第4199号、昭和16年1月8日。
  5. ^ a b 『人事興信録』第13版 下、ヤ32頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『山梨百科事典』増補改訂版、山梨日日新聞社、1989年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 下、1941年。
  • 山梨縣編『山梨縣政五十年誌』昭和17年。