安島亀太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

安島 亀太郎(あじま かめたろう、安政3年4月11日1856年5月14日) - 没年不詳)は日本政治家家系安島氏。父は茨城県多賀郡関本村長安島嘉蔵。茨城県多賀郡関本村議会議員

茨城県多賀郡関本村大字山小屋に生まれる。1890年明治23年)、家督を相続する。父の後を継ぎ、故郷の発展を志し、氏子総代檀家総代に選ばれて、基本財産の造成に尽力したという。1913年大正2年)、関本村議会議員に当選したという[1]

脚注[編集]

  1. ^ いばらき新聞社編『茨城人名辞書』(崙書房1975年)14頁参照。

参照文献[編集]

  • いばらき新聞社編『茨城人名辞書』(崙書房、1975年)

関連項目[編集]