安島清正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
安島清正
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正13年(1585年)?
死没 不明
官位 采女佑[1](受領名)
主君 佐竹義久
氏族 安島氏
父母 父:安島清広
清長[2][3]

安島 清正(あじま きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士佐竹氏の家臣。

略歴[編集]

安島氏藤原北家魚名の流れを汲み藤原秀郷を祖とする。清正は佐竹氏の家臣にして、佐竹三家の一つ、佐竹東家の当主で南郷領経営を担当していた義久の配下である。なお、年代不詳の文書では安島一門で義久から采女介の受領名を授かっている者がいるが、秋田藩家蔵文書の但し書きでは「清正カ」と推定する補足が書き加えられている。いずれにせよ、清正が采女介ないし采女佑を名乗っていたことは確かである[1]慶長7年(1602年)、佐竹義宣関ヶ原の戦い後、出羽国秋田藩への転封を命じられた際、清正は17歳であったという。なお、子孫は出羽雄勝郡湯沢に定住し、代々秋田藩士となる[2][3]

秋田藩家蔵文書[編集]

二三 東義久官途状寫[4]

※「義久書」              ※「安島文右衛門」
官途之事意得候、於神妙ニ可致奉公偽尤候物也
     極月七日         (偽)偽久(花押影)  
        (清正カ)
      安嶋采女介殿

                      

脚注[編集]

  1. ^ a b 秋田県公文書館蔵『東義久官途状』参照。
  2. ^ a b 常陸太田市編さん委員会『佐竹家臣系譜』(常陸太田市、1982年)38頁参照。
  3. ^ a b 系譜は秋田県公文書館蔵『系図目録Ⅰ』(秋田県公文書館、2001年) 34頁にも掲載されている。
  4. ^ 茨城県立歴史館編『茨城県史料中世編Ⅴ』(茨城県1996年) 184頁より転載。

参照文献[編集]

  • 秋田県公文書館蔵佐竹義久筆安島采女介宛『東義久官途状』
  • 秋田県公文書館蔵『系図目録Ⅰ』(秋田県公文書館、2001年)
  • 茨城県歴史館編『茨城県史料中世編Ⅴ』(茨城県、1996年)
  • 常陸太田市史編さん委員会編『佐竹家臣系譜』(常陸太田市、1982年)ISBN 4784215697

関連項目[編集]