安徳駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安徳駅*
安徳駅(2007年3月撮影)
安徳駅(2007年3月撮影)
あんとく
ANTOKU
秩父が浦 (1.1km)
(2.1km) 瀬野深江
所在地 長崎県島原市北安徳町
所属事業者 島原鉄道
所属路線 島原鉄道線
キロ程 45.4km(諫早起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
**30人/日(降車客含まず)
-2007年度-
開業年月日 1922年(大正11年)4月22日
廃止年月日 2008年(平成20年)4月1日
備考 * 1960年に安中村から改称
** 年間乗車人員を日数で除算
テンプレートを表示

安徳駅(あんとくえき)は、長崎県島原市北安徳町にあった島原鉄道島原鉄道線廃駅)である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する高架駅。ホームは線路の北西側に設置されている。1997年平成9年)4月の災害復旧によって地上駅から高架駅に移行した。

ホームの瀬野深江方から地平に至る階段がおりており、これが駅の出入り口となる。駅舎はなく、ホーム上、階段のすぐ秩父が浦方に待合所が設置されている。無人駅となっている。

駅周辺[編集]

駅の北側と南側に人家がある。西側は大半が畑である。ホームの下を小さな川が流れている。

駅の瀬野深江方で島原鉄道の線路は水無川を安新大橋で渡っており、ホームからもこの橋を望むことができる。

利用状況[編集]

営業最終年度である2007年度の年間乗車人員は10,932人、降車人員は13,271人であった[1]

年度 年間
乗車人員
年間
降車人員
1997年(平成09年) 11,826 14,002
1998年(平成10年) 8,752 11,891
1999年(平成11年) 9,577 11,287
2000年(平成12年) 10,170 12,229
2001年(平成13年) 9,936 11,090
2002年(平成14年) 10,544 11,760
2003年(平成15年) 10,184 11,237
2004年(平成16年) 8,722 10,037
2005年(平成17年) 10,081 11,444
2006年(平成18年) 11,488 13,254
2007年(平成19年) 10,932 13,271

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)4月22日 - 口之津鉄道により安中村駅(あんなかむらえき)として開業。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 会社合併により、島原鉄道の駅となる。
  • 1960年(昭和35年)
  • 1986年(昭和61年)7月 - 駅舎新築[2]
  • 1993年(平成5年)4月28日 - 営業休止。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 営業再開。約100m北へ移転し高架化。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 島原外港 - 加津佐間廃止により廃駅

現状[編集]

廃線後の現在も、駅および安新大橋は存置されており、付近を走る国道251号などの道路からその様子を見ることができる。ただし、駅入口にロープが張られているため、駅内に行くことはできない。

隣の駅[編集]

島原鉄道
島原鉄道線
秩父が浦駅 - 安徳駅 - 瀬野深江駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第56版(平成21年)長崎統計年鑑 - 長崎県
  2. ^ 『島原鉄道100年史』島原鉄道、2008年、141頁

関連項目[編集]