安慧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安慧(あんね、: Sthiramati [スティラマティ][1]、 470‐550年頃もしくは 510‐570年頃)は、大乗仏教。南インド出身で瑜伽行派に所属した[2]堅慧(けんね)とも訳される[3]

唯識派の唯識十大論師の一人[1]

徳慧(とくえ、Guṇamati)の弟子あるいは後輩[3]。無相唯識の学説で知られ、 護法の有相唯識と対立する[1]

著作[編集]

以下の著作がある[3]

漢訳[編集]

梵文・チベット訳[編集]

  • 『三十頌釈』
  • 『中辺分別論釈疏』
  • 『倶舎論実義疏』

チベット訳のみ[編集]

  • 『荘厳経論註疏』

出典[編集]

関連項目[編集]