安斉かれん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
安斉 かれん
別名 Kalen Anzai(主に作詞家名義)
生誕 (1999-08-15) 1999年8月15日(21歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 神奈川県藤沢市[2]
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 2019年 -
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・マネジメント
共同作業者 Max Matsuura
公式サイト 安斉かれん official site

安斉 かれん(あんざい かれん、1999年(平成11年)8月15日[1] - )は、日本女性歌手女優モデル神奈川県藤沢市出身。所属レコード会社及びマネジメントはavex trax

経歴[編集]

小学生の頃にエレクトーン奏者に憧れてエレクトーンを始める。中学校入学前後で父親に連れられて行ったザ・ローリング・ストーンズのライブをきっかけに、ロックを聴き始めた。彼らのライブで見たサックス演奏に憧れて中学生の時に吹奏楽部に入り、アルトサックスを始めた。元々ジャズ志望だったが、[3]。中学3年次には湘南地区吹奏楽コンクールで金賞(ダメ金)、アンサンブルコンテストで金賞を獲得するほど吹奏楽部に熱中した[4][5][6]。安斉は朝一番に教室に来て黙々と個人練習をこなす練習の虫であった。吹奏楽部時代は「青春」であり、「一番楽しかった思い出」と語っている[7]。サックスを始めたきっかけがストーンズのライブであったことから中学生当時はバンド活動にも関心があり、小学生時代からの友人が中学に進学してからギターベースを始めたことからバンド結成の話になり、地元のタワーレコードに行き組みたいバンドの音楽性について話し合ったこともあった。当時はBUMP OF CHICKENをよく聴いており、安斉はドラマー志望であった[8]

父が家で趣味のギターを弾くことが多かったことから、興味が沸くのは自然と楽器ばかりで[3]、将来は楽器に携わる仕事に就くことを考えていた[9]。楽器に触れていく中で「喉もひとつの楽器」と気づき、「ちょっと歌をやってみようかな」という程度の感覚で歌を始め[3]、高校1年生の時にavexの原宿アカデミーに通い始めた[10]。学校に通いながら週3回、実家のある藤沢からレッスン場がある原宿を往復する生活を送っていたが[11]、当時は単に音楽が好きでレッスンに通っていただけで、歌手デビューする気持ちはなかった[3]。レッスンに通いながら渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」の店員として働き、デビュー前から多くのファッションメディアに登場していた[5]

2019年:デビュー3部作[編集]

2019年4月、RELECTを通じて彼女を知ったM・A・C JAPANからの依頼により女性アーティストとしては初となるコスメティック・ブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルのモデルを3か月連続で務めることが発表された[12][13][14]

2019年5月1日、16歳の時に書かれた[4][5]「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をデジタルシングルとして発売し、デビュー[14][15]7月1日、2枚目のシングル「誰かの来世の夢でもいい」を発表。10月1日、3枚目のシングル「人生は戦場だ」を発表。同曲はテレビ東京系アニメ『ブラッククローバー』のエンディングテーマに起用された。安斉はかねてより原作のファンであり、起用にあたって喜びのコメントを寄せている[16]。なお、デビューシングルから3rdシングルまで「デビュー3部作」として、ミュージック・ビデオは一連の物語を描いている[3][17]。また、3作ともサブスクリプション、音楽ストリーミングサービス限定シングルとして発売された後、全国タワーレコード店頭限定で8cmCD仕様で発売された[18][19][20]

10月20日東京渋谷区で行われた「第14回 渋谷音楽祭2019〜Shibuya Music Scramble〜」に出演し、初めてライブパフォーマンスを披露した。SHIBUYA109の野外特設会場でデビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」と「人生は戦場だ」の2曲を披露したが、ステージにが設置され、安斉が観客の前に現れず鏡越しに見え隠れするという特異なものだった[21][22]。同年12月25日新木場スタジオコーストで行われた、「東京ガールズコレクション」がプロデュースする「TGC teen 2019 Winter」のオープニングアクトの一人としてシークレット出演したが、巨大なボックス型の機材の中で歌唱するという演出がとられ、またも直接観客の前に姿を見せることはなかった[23]

2020年 - 現在:ドラマ「M 愛すべき人がいて」[編集]

2020年2月29日、同年4月より放送される浜崎あゆみの告白をもとに小松成美が執筆した小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)を原作とする連続ドラマの主演に抜擢されたことが発表された。三浦翔平とのW主演であり、安斉が本格的な演技に挑戦するのはこれが初である[24]。このドラマ出演はオーディションではなく、事務所スタッフに「やってみない?」と提案されて出演に至った[25]。安斉自身、まさか自分が演技の仕事をするとは思ってもみなかった為、主演が決まってから半年ほど演技のレッスンに通った[26]

2020年4月25日配信の「リバイバル」をコンセプトにしたコンピレーションアルバム『avex revival trax』に参加。安斉はCAELAN(INTERSECTION)と共にm-floの「come again」をカバー。また、lolBeverlyFAKYFEMM、Yup'inと共にMAXIMIZOR「CAN'T UNDO THIS!!」のカバー「REVIVE 'EM ALL 2020」にも参加している[27]

2020年7月22日、5枚目のシングル「僕らは強くなれる。」をサブスクリプション限定で発売。安斉が音楽を志すきっかけとなった吹奏楽部での経験が反映された応援歌になっており、安斉のアイデアで当初シンプルだったサウンドにブラスアレンジが加えられた。また、ミュージック・ビデオでは、京都橘高校吹奏楽部と共演している。管編曲における日本の第一人者でもある村田陽一のアレンジと指導のもと、1年以上に渡るレッスンを経て、コラボレーションが実現した。間奏部分には、安斉本人もソプラノサックス奏者として参加している[28]。この曲は、新型コロナウイルスの影響で中止となった「第102回全国高等学校野球選手権大会」の代替として各地方高野連が開催する都道府県別大会のテーマソングに起用された[29]。また、この曲で『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に初出演し、テレビ初歌唱を披露した(m-floの「come again」のカバーも披露した)[30]9月16日、自身が作曲に初参加したシングル「GAL-TRAP」をサブスクリプション限定で発売[31]

2020年10月6日横浜エフエム放送で自身初のレギュラーラジオ番組『てくてくかれんだー』が放送開始[32]

歌手としての特徴[編集]

音楽性と作詞作曲[編集]

歌を習い始めたのと同時に作詞を始める。iPhoneのメモに思いついた言葉を書き溜めて置き、曲をもらった時にそれを歌詞に落とし込む[6][9]。歌詞は「リアルタイムで素直な気持ち」を書いており、その時にしか生まれない感情を飾らずに書くことを意識しているが、自分以外の経験やストーリーを作って歌詞を書くこともある[6]。表現は小説映画から影響を受けている[6]。ちなみに好きな映画は「重い何かが心に残るような作品」であり、日本映画では『蛇にピアス』、『ヘルタースケルター』、『チワワちゃん』、『渇き。[33]。安斉を育てたエイベックスCEO音楽プロデューサー松浦勝人によると2020年時点で彼女のストックデモは100曲以上あり、その中には安斉の自作曲も含まれている。自身で作曲が行える点も浜崎あゆみとの共通点であるが、松浦曰く「自分でピアノ弾きながら歌えちゃうっていうところは似てない」。なお、内面も全く似ていないとのこと[34]

声と楽器[編集]

楽器エレクトーンアルトサックス囃子を経験[6]。松浦によると最初彼女の歌声を聞いたとき、「下手くそ」だが「でも声はいけるかな」という印象を抱き、かつての浜崎あゆみとの共通点を感じ、レッスンをさせた。敢えて浜崎を思わせる1990年代のテイストの詰まった曲をリリースしたことは松浦の戦略の1つであった[34]。。

影響[編集]

親の影響で学生時代は洋楽のロックやR&Bばかりを聴いていた[9]。父の影響でザ・ローリング・ストーンズハノイ・ロックス[35]グリース・ヘルメット フィンランド語版 [3]ザ・クロマニヨンズ[36]を聴いて育った。クラシック音楽も多く聴いていたが、デビューしてからは洋楽のポップス[35]J-POPにもはまり聴くようになった[3]。洋楽のヒップホップも好み、メロディー先行で好きになることが多い。ヒップホップの良さを「ノレる。どんなシーンでも流しておける」かっこ良さだと語っている。好きなヒップホップアーティストはマシン・ガン・ケリー[37]。憧れのアーティストはアリアナ・グランデセリーナ・ゴメスアリシア・キーズ[6]

子ども時代の思い出の曲としてテレビアニメ『美少女戦士セーラームーン』の主題歌「ムーンライト伝説」を挙げている。アニメはリアルタイムでは視聴していなかったが、専門チャンネルでの放送を見ており、両親に衣装やおもちゃを買ってもらいセーラームーンになりきっていた。「ムーンライト伝説」は家族でカラオケボックスに行くと必ず歌い、小学低学年生の時に飛び入りで参加した地元のカラオケ大会でも歌唱した[38]。青春を思い出す曲として荒井由実(現・松任谷由実)の「卒業写真」を挙げている。中学の吹奏楽部時代に、毎年定期演奏会という中学3年生最後の演奏会が行われており、そこで「ユーミンポートレート」という松任谷の曲をメドレーで演奏し、3年生から後輩に引き継ぎを行う行事があった。そこで松任谷の曲をたくさん聞く中で最も好きだったのが「卒業写真」であった[39]。歌手決断するきっかけとなった曲として大原櫻子の「ちっぽけな愛のうた」(映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』挿入歌、小枝理子名義)を挙げている。歌を習い始めJ-POPを聴くようになったタイミングでちょうどデビューしたのが大原だった。彼女を見た瞬間「超かわいい!」と心奪われ、それから歌のレッスンでも友人とのカラオケでもいつも大原の歌を歌い、大原に憧れてボブヘアーにしたこともあった[40]

イメージ[編集]

安斉は、「ポストミレニアルギャル(略称はポスギャル)」として登場した[41][42]。それはポストミレニアル世代(1997年以降生まれ以降の世代)と「SNSへのポスト」の意味をかけた造語である[43][44]。安斉は小学生の頃からギャル雑誌を愛読し、小学4年生で金髪とカラコンデビューを果たし、100円ショップつけまつげを買って母親の化粧品を借りてメイクをしていた[5]。安斉はギャルは着飾った見た目やノリだけではなくマインドであると考えており、そういう意味で自身もギャルであると認めている[3]

音楽ライターの平賀哲雄は『TOWER PLUS+ 別冊』において、安斉のルックス、ファッション、デビュー作「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」の音楽性とミュージックビデオは、安室奈美恵、浜崎あゆみ、倖田來未と続いたエイベックスの歌姫の系譜と断言できる内容であると評価している[45]

人物[編集]

血液型B型[1]。身長157cm[46]。インドア派であり、余暇は自宅で動画配信サイトで映画鑑賞や犬(ペキニーズチワワの混血、名前はゼロくん)と遊んで過ごしている[3][10]

2020年7月17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、幼馴染の証言として「高校卒業までに同級生はもちろん、先輩や他校の男子から100人以上は告白されていた」など、学生時代の伝説が明かされた[47]

好きな食べ物は牛タンとサーモン[9]

ディスコグラフィー[編集]

シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」[18]、「誰かの来世の夢でもいい」[19]、「人生は戦場だ」[20]、「FAKE NEWS REVOLUTION」 [48]は、8cmCD仕様。「僕らは強くなれる。」 「GAL-TRAP」はダブルA面12cm無料シングル[49] で、全国タワーレコード店頭のみで無料リリース。

シングル[編集]

# 配信日 発売日 曲名 販売形態 最高順位 収録アルバム
オリコン Billboard Japan Hot 100
1st 2019年5月1日 2019年5月22日 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
2nd 2019年7月1日 2019年7月24日 誰かの来世の夢でもいい サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
3rd 2019年10月1日 2019年10月23日  人生は戦場だ サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
4th 2020年4月1日 2020年6月10日  FAKE NEWS REVOLUTION サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
5th 2020年7月22日 2020年10月14日  僕らは強くなれる。 サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
6th 2020年9月16日 2020年10月14日  GAL-TRAP サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
7th 2020年12月2日  Secret Love サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
8th 2021年2月10日  キミとボクの歌 サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
2021年1月27日  キミとボクの歌(piano short version.) サブスクリプション音楽ストリーミングサービス  -
"—"はチャート圏外、チャート対象外のいずれかを意味する。

リミックス デジタル・シングル[編集]

配信日 タイトル 販売形態
2019年12月25日 人生は戦場だ (Prod.by TAKU INOUE サブスクリプション音楽ストリーミングサービス
2020年1月22日 誰かの来世の夢でもいい(Prod.by Carpainter サブスクリプション音楽ストリーミングサービス
2020年2月12日 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた (Prod.by KO3) サブスクリプション音楽ストリーミングサービス

参加作品[編集]

配信日 発売日 アーティスト名 タイトル 販売形態 規格品番 収録曲
2020年4月25日 2020年5月13日 V.A. avex revival trax[50] CD
配信
AVCD-96525A CAN’ T STOP THIS!!」 REVIVE 'EM ALL 2020(Beverly / FAKY / FEMM / lol/ Yup'in / 安斉かれん)

come again」feat. CAELAN from INTERSECTION

ミュージック・ビデオ[編集]

タイトル 監督 出典
2019年 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた 辻本祐希 [14]
誰かの来世の夢でもいい [51]
人生は戦場だ [17]
2020年 FAKE NEWS REVOLUTION [52][53]
CAN'T STOP THIS!!(REVIVE 'EM ALL 2020) 波多野奨 [54]
僕らは強くなれる。 辻本祐希 [55]

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
人生は戦場だ テレビ東京系アニメ「ブラッククローバー」エンディングテーマ(2019年)
僕らは強くなれる。 2020年夏季高校野球 都道府県別大会 テーマソング
テレビ朝日木曜ドラマ未解決の女 警視庁文書捜査官シーズン2」挿入歌(2020年)
GAL-TRAP 日本テレビ系「スッキリ」7月度テーマソング(2020年)
バゲット」10月エンディング・テーマ(2020年)
バズリズム02」10月オープニング・テーマ(2020年)
それって!?実際どうなの課」10月エンディング・テーマ(2020年)
Secret Love MBS ドラマ特区社内マリッジハニー」オープニングテーマ(2020年)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

  • 部活ピーポー全力応援!ブカピ!(2020年7月14日 - 、ABCテレビ)- 準レギュラー[58][59]

ラジオ番組[編集]

広告モデル[編集]

  • M・A・C (2019年 - )
  • エバーカラーワンデー[60](2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 放送休止期間中は伊集院光古市憲寿ナイツ塙(6月6日のみ)が副音声で作品の実況解説を行うリミックスバージョンと称する本作の特別総集編(5月6日:第1話、5月13日:第2話&第3話、6月6日:第3話)と本作の脚本家・鈴木おさむが脚本し、本作と共通する俳優が出演する『奪い愛、冬』の傑作選(5月23日、5月30日)が代替番組として放送された。

出典[編集]

  1. ^ a b c “あゆ役に“謎の新人歌手”安斉かれんを抜てき 演技初挑戦、デビュー以来メディアに露出なし”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2020年2月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/29/kiji/20200229s00041000029000c.html 2020年3月18日閲覧。 
  2. ^ “profile”. 安斉かれん official site. https://kalenanzai.com/profile.php 2019年8月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 安斉かれん (2019年10月31日). 話題の歌姫・安斉かれんが「ポスギャル」といわれる理由. インタビュアー:かわむらあみり. マガジンハウス. aNEW.. https://ananweb.jp/anew/254931/ 2019年10月31日閲覧。 
  4. ^ a b フリーペーパー 2019, 安斉かれん『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』デビュー記念インタビュー.
  5. ^ a b c d フリーペーパー1 2019, 安斉かれん独占インタビュー.
  6. ^ a b c d e f 安斉かれん (2019年10月31日). 【インタビュー】謎の美少女SSW安斉かれん、デビュー作からの三部作完結でベールを脱ぐ!. インタビュアー:愛香. UtaTen.. https://utaten.com/specialArticle/index/4330 2019年10月31日閲覧。 
  7. ^ 安斉かれん (2020年8月19日). 安斉かれんの「青春よみがえりソング」はユーミンの名曲 吹奏楽部時代を振り返る. インタビュアー:福嶋剛. ENCOUNT.. https://encount.press/archives/77451/2/ 2020年8月24日閲覧。 
  8. ^ 安斉かれん (2020年8月20日). 1999年生まれの安斉かれんが語るJ-POPとロックンロール. インタビュアー:Takuro Ueno. Rolling Stone Japan.. https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34473/2/1/1 2020年8月24日閲覧。 
  9. ^ a b c d 安斉かれん (2019年5月30日). 牛タン大好き、ハイライトオタク。令和元年、大注目アイコン安斉カレンってどんなコ?. インタビュアー:Mayuko Kobayashi. 講談社. ViVi.. https://www.vivi.tv/post30080/ 2019年5月30日閲覧。 
  10. ^ a b 安斉かれん (2020年2月29日). 浜崎あゆみ役の“安斉かれん”とは?デビュー前の苦労・大抜擢の心境…知られざる素顔に迫る<「M 愛すべき人がいて」インタビュー>. インタビュアー:かわむらあみり. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1981549 2020年2月29日閲覧。 
  11. ^ “『M』でアユを熱演「安斉かれん」ギャルのいいところは絆の強さ”. SmartFLASH. (2020年7月20日). https://smart-flash.jp/entame/108535 2020年7月20日閲覧。 
  12. ^ “安斉かれん、コスメティックブランド『M·A·C』の店頭ビジュアルに決定”. OK MUSIC. (2019年4月19日). https://okmusic.jp/news/333978 2020年3月1日閲覧。 
  13. ^ “ポスギャル安斉かれん、コスメブランド「M・A・C」店頭ビジュアルに登場”. ナタリー. (2019年4月19日). https://natalie.mu/music/news/328525 2020年3月1日閲覧。 
  14. ^ a b c ““ポスギャル”安斉かれん、90年代リバイバル&サイバーパンクなMV発表”. BARKS. (2019年5月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000166949 2019年8月6日閲覧。 
  15. ^ “令和元日、話題のポスギャル「安斉かれん」がエイベックスよりデビュー!90年代リバイバル & サイバーパンクなMV「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」を発表!”. avex portal. (2019年5月1日). https://avexnet.jp/news/detail.php?id=1002426 2019年8月6日閲覧。 
  16. ^ “安斉かれん、配信シングル「人生は戦場だ」がアニメ『ブラッククローバー』のエンディングテーマに決定”. OK MUSIC. (2019年10月1日). https://okmusic.jp/news/356451 2020年3月1日閲覧。 
  17. ^ a b “安斉かれん、デビュー3部作シリーズ第3弾「人生は戦場だ」がテレビアニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマに決定”. BARKS. (2019年10月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000172421 2020年3月1日閲覧。 
  18. ^ a b “「ポスギャル」安斉かれん、明日5月22日に無料 8cmシングル『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』タワレコ限定リリース。コラボ・ポスター掲出&デビュー記念インタビュー掲載の「別冊TOWER PLUS+」配布も”. TOWER RECORDS ONLINE. (2019年5月21日). https://tower.jp/article/news/2019/05/21/tg001 2019年8月6日閲覧。 
  19. ^ a b “「ポスギャル」安斉かれん、明日7月24日に無料8cmシングル第2弾『誰かの来世の夢でもいい』タワレコ限定リリース決定”. TOWER RECORDS ONLINE. (2019年7月23日). https://tower.jp/article/news/2019/07/23/tg001 2019年8月6日閲覧。 
  20. ^ a b “「ポスギャル」安斉かれん、明日10月23日に無料8cmシングル第3弾『人生は戦場だ』タワレコ限定リリース”. TOWER RECORDS ONLINE. (2019年10月22日). https://tower.jp/article/news/2019/10/22/tg001 2019年10月30日閲覧。 
  21. ^ “謎の次世代ギャル 安斉かれん初ライブ 鏡張りのステージで見えたもの”. KAI-YOU. (2019年10月25日). https://kai-you.net/article/68656 2020年3月1日閲覧。 
  22. ^ “次世代アイコン・安斉かれん、「渋谷音楽祭」で初ライブ披露!”. ACTRESS PRESS. (2019年10月21日). https://actresspress.com/kalen_anzai-shibuyamusicscramble20191020/ 2020年3月1日閲覧。 
  23. ^ “安斉かれん、「バーチャルとリアル」「共感と孤独」の境界線”. BARKS. (2019年12月30日). https://www.barks.jp/news/?id=1000176722 2020年3月1日閲覧。 
  24. ^ a b “浜崎あゆみ「M 愛すべき人がいて」連続ドラマ化、安斉かれんと三浦翔平がW主演”. 音楽ナタリー. (2020年2月29日). https://natalie.mu/eiga/news/369154 2020年3月1日閲覧。 
  25. ^ “安斉かれん、ドラマ『M』アユ役演じた経緯を明かし山里亮太驚き「そんな軽く!?」”. E-TALENTBANK. (2020年7月21日). https://e-talentbank.co.jp/news/155452/ 2020年8月7日閲覧。 
  26. ^ 安斉かれん (2020年7月4日). ドラマ「M 愛すべき人がいて」の主演・安斉かれんとは何者か? “令和ギャル”と呼ばれる彼女の魅力. インタビュアー:高山敦. WWDジャパン.. https://www.wwdjapan.com/articles/1093421 2020年8月7日閲覧。 
  27. ^ “lol、Beverly、FAKY、FEMM、Yup'in、安斉かれんがavexヒット曲を“リバイバル””. 音楽ナタリー. (2020年4月18日). https://natalie.mu/music/news/375994 2020年7月20日閲覧。 
  28. ^ “安斉かれん、ニューシングル発売決定。現役吹奏楽部100名とコラボしたMVも先行公開”. BARKS. (2020年7月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000185030 2020年7月20日閲覧。 
  29. ^ “安斉かれん、新曲が2020年夏季高校野球 都道府県別大会テーマソングに”. BARKS. (2020年7月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000185937 2020年7月20日閲覧。 
  30. ^ “安斉かれん「Mステ」テレビ初歌唱に反響「歌上手」「度胸据わってる」”. ミュージックヴォイス. (2020年7月10日). https://www.musicvoice.jp/music/156212/ 2020年7月20日閲覧。 
  31. ^ “安斉かれん、新曲「GAL-TRAP」日本テレビ系「スッキリ」テーマソング決定”. MusicVoice. (2020年9月1日). https://www.musicvoice.jp/music/161846/ 2020年9月3日閲覧。 
  32. ^ “安斉かれん、初のラジオレギュラー番組スタート”. BARKSl =https://www.barks.jp/news/?id=1000189416. (2020年9月23日) 
  33. ^ 安斉かれん (2020年). Interview 安斉かれん. インタビュアー:TAISHI IWAMI. Qetic.. https://qetic.jp/interview/kalen_anzai-pickup/370232/ 2020年9月28日閲覧。 
  34. ^ a b “浜崎あゆみと安斉かれんは似ている? エイベックス・松浦勝人氏がドラマ『M 愛すべき人がいて』主演の話題の新人歌手について語る”. ニッポン放送. (2020年4月5日). https://this.kiji.is/619363423107040353?c=516798125649773665 2020年7月20日閲覧。 
  35. ^ a b 安斉かれん. NYLON JAPANがプッシュする8名のアーティストとインタビューセッション♡ 由. インタビュアー:AMARU OHSHIRO. NYLON JAPAN.. https://www.nylon.jp/POWERUPGUYS 2020年3月18日閲覧。 
  36. ^ 安斉かれん (2020年8月20日). 1999年生まれの安斉かれんが語るJ-POPとロックンロール. インタビュアー:Takuro Ueno. Rolling Stone Japan.. https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34473/3/1/1 2020年8月24日閲覧。 
  37. ^ 安斉かれん (2020年9月24日). 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔. インタビュアー:矢島由佳子. CUNRA.NET.. https://www.cinra.net/interview/202009-anzaikalen_kawrk 2020年9月28日閲覧。 
  38. ^ 安斉かれん (2020年8月18日). 安斉かれん、「美少女戦士セーラームーン」に憧れた少女時代 「完全に“なりきり”でした」. インタビュアー:福嶋剛. https://encount.press/archives/76885/ 2020年8月24日閲覧。 
  39. ^ 安斉かれん (2020年8月18日). 安斉かれんの「青春よみがえりソング」はユーミンの名曲 吹奏楽部時代を振り返る. インタビュアー:福嶋剛. https://encount.press/archives/77451/ 2020年8月19日閲覧。 
  40. ^ 安斉かれん (2020年8月18日). 安斉かれん、歌手決断のきっかけは大原櫻子 憧れ過ぎて“ボブヘアー”にした高校時代. インタビュアー:福嶋剛. https://encount.press/archives/77774/ 2020年8月20日閲覧。 
  41. ^ “注目の“次世代ギャル”安斉かれん、M・A・C店頭コレクションビジュアルに登場”. Billboard Japan. (2019年4月19日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/74901/2 2020年7月22日閲覧。 
  42. ^ “「スタイルやばすぎ」非実在ギャル説もある安斉かれんがへそ出し「ブラクロ」コスを披露”. テレ東プラス. (2019年10月30日). https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2019/020530.html 2020年7月22日閲覧。 
  43. ^ 安斉かれん (2020年5月18日). 安斉かれん「音楽を好きでいたい」“アユ”熱演で話題 人気ギャルのルーツ. インタビュアー:平吉賢治. モデルプレス.. https://www.musicvoice.jp/interview/150187/ 2020年7月22日閲覧。 
  44. ^ “次世代歌姫が異例の抜擢 ポスギャルと注目の“安斉かれん”とは”. モデルプレス. (2019年4月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1834192 2020年7月22日閲覧。 
  45. ^ 安斉かれん (2020年5月24日). 安斉かれん 『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』 エイベックスの歌姫の系譜を継ぐ、純真無垢な次世代ギャル. インタビュアー:平賀哲雄. タワーレコード. Mikiki.. https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/21752 2020年7月22日閲覧。 
  46. ^ https://www.vip-times.co.jp/?talent_id=W20-1029
  47. ^ 安斉かれん、学生時代の“仰天”モテ伝説「藤沢のモテ女子四天王」「男子から100人以上告白」”. ENCOUNT (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  48. ^ “安斉かれん、明日6月10日に無料8cmシングル第4弾『FAKE NEWS REVOLUTION』タワレコ限定リリース決定。コラボポスター施策&「別冊TOWER PLUS+ 安斉かれん特別号」発行も”. TOWER RECORDS ONLINE. (2020年6月9日). https://tower.jp/article/news/2020/06/09/tg001 2020年6月9日閲覧。 
  49. ^ “安斉かれん、ダブルA面無料シングルを10月14日にタワーレコード限定でリリース。シングル“GAL-TRAP”が日本テレビ系3番組の10月度テーマ・ソングに決定”. TOWER RECORDS ONLINE. (2020年10月1日). https://tower.jp/article/news/2020/10/01/tg001 2020年10月1日閲覧。 
  50. ^ “lol、Beverly、FAKY、FEMM、Yup'in、安斉かれんがavexヒット曲を“リバイバル””. 音楽ナタリー. (2020年4月18日). https://natalie.mu/music/news/375994#NA_shareCount 2020年4月25日閲覧。 
  51. ^ ““ポスギャル”安斉かれん、2ndシングル「誰かの来世の夢でもいい」配信リリース MV公開”. CD journal. (2019年7月1日). https://www.cdjournal.com/main/news/anzai-kalen/82994 2020年3月1日閲覧。 
  52. ^ “FAKE NEWS REVOLUTION”. スペースシャワーTV. (2020年4月1日). https://www.spaceshowertv.com/search/detail.cgi?mu=0142358&ch=0 2020年7月20日閲覧。 
  53. ^ “安斉かれん、サイバーな雰囲気の新作MV「FAKE NEWS REVOLUTION」公開”. Billboard Japan. (2020年4月1日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/86568/2 2020年7月20日閲覧。 
  54. ^ “CAN'T STOP THIS!!”. スペースシャワーTV. (2020年5月13日). https://www.spaceshowertv.com/search/detail.cgi?mu=0142386&ch=0 2020年7月20日閲覧。 
  55. ^ “僕らは強くなれる。”. スペースシャワーTV. (2020年7月22日). https://www.spaceshowertv.com/search/detail.cgi?mu=0143097&ch=0 2020年7月20日閲覧。 
  56. ^ “「M」第4話が延期に、代わりに第1話特別編を放送”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年5月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005020000675.html 2020年5月3日閲覧。 
  57. ^ ドラマ『M愛すべき人がいて』待望の第4話 6・13から放送再開”. ORICON NEWS. 2020年6月6日閲覧。
  58. ^ “安斉かれん、部活動を応援するYouTubeチャンネル『ブカピ』準レギュラーに決定”. BARKS. (2020年7月14日). https://www.barks.jp/news/?id=1000185669 2020年7月18日閲覧。 
  59. ^ “SCHEDULE”. 安斉かれん official site. https://kalenanzai.com/schedule_detail.php?id=1083777 2020年7月18日閲覧。 
  60. ^ エバーカラーワンデー”. 2020年4月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 関連書籍
    • 『別冊TOWER PLUS+』安斉かれん 2019年5月22日発行 構成・文:平賀哲雄 発行所:タワーレコード
    • 『別冊TOWER PLUS+』安斉かれん 2019年7月24日発行 構成・文:Atsuo Nagahori 発行所:タワーレコード