安曇追分駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安曇追分駅*
駅舎(2008年9月)
駅舎(2008年9月)
あずみおいわけ
Azumi-Oiwake
31 有明 (1.5km)
(2.9km) 細野 29
所在地 長野県安曇野市穂高北穂高[1]
駅番号 30
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大糸線
キロ程 19.9km(松本起点)
電報略号 オケ[1]←ヲケ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
306人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1915年大正4年)11月16日[2]
備考 簡易委託駅[1]
* 1919年にアルプス追分駅から改称[1]
標高:550.8m[1]
テンプレートを表示
安曇追分駅
あずみおいわけ
Azumi-Oiwake
(1.5km) 十日市
所在地 長野県南安曇郡穂高町(現・安曇野市)
所属事業者 池田鉄道
所属路線 池田鉄道線
キロ程 0.0km(安曇追分起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1926年(大正15年)9月21日[3]
廃止年月日 1938年(昭和13年)6月6日[4]
テンプレートを表示

安曇追分駅(あずみおいわけえき)は、長野県安曇野市穂高北穂高にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線である[1]駅番号は「30[5]

市名は「あみ」だが、駅名は「あみ」と表記される(大町市安曇沓掛駅も同様に「あみ」である)。

歴史[編集]

1915年(大正4年)の開業当初はアルプス追分駅と名乗っていたが、北アルプスの登山口と間違えて下車する人が多く[6]、また本来の登山口である有明地区からの要望もあって[7]1919年に安曇追分駅に改称した[8]

追分」は千国街道池田通り松川通りの分岐点の意味であり[9]、両者は大町市の大町宿付近で合流する。

1926年(大正15年)からは池田鉄道が当駅に乗り入れていたが[3]、1938年(昭和13年)には池田鉄道が廃止となっている[4]

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅[1]。駅舎とホームは構内踏切で連絡している[1]

豊科駅管理の簡易委託駅[1]安曇野市に駅業務が委託されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 大糸線 上り 松本方面[13]
2 下り 信濃大町白馬方面[13]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は306人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 330 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 315 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 314 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 309 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 306 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 297 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 339 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 306 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 309 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 305 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 316 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 320 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 310 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 315 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 290 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 303 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 306 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 307 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 306 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅の西側には農地が広がり、出入口は設けられていない。東側の出入口は小さな広場と面しており、そこから国道147号までの短い街路は、かつては商店や宿が建て込んでいたが、近年ではほとんどが住宅となっており、営業している商店は少ない。

バス路線[編集]

池田町営バスあづみ病院穂高駅方面への路線が発着する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
大糸線
快速(上り1本のみ運転)
有明駅 (31) ← 安曇追分駅 (30)信濃松川駅 (27)
普通
有明駅 (31) - 安曇追分駅 (30) - 細野駅 (29)

かつて存在した路線[編集]

池田鉄道
池田鉄道線
安曇追分駅 - 十日市駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、103頁。ISBN 9784784071647。
  2. ^ a b c 『東筑摩郡松本市塩尻市誌 第三巻 現代下』 東筑摩郡・松本市・塩尻市郷土資料編纂会、1965年。
  3. ^ a b c 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年9月28日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ a b c 「鉄道運輸営業廃止」『官報』1938年6月10日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  5. ^ 大糸線に「駅ナンバー」を導入します (PDF)”. 東日本旅客鉄道 (2016年12月7日). 2016年12月8日閲覧。
  6. ^ 今尾恵介『消えた駅名』東京堂出版。ISBN 4-490-20530-9。「アルプス追分」の記述は、p.162。
  7. ^ 小学館『国鉄全線各駅停車・6 中央・上信越440駅』(1983年刊)p.64 より
  8. ^ a b 大正8年7月23日付官報(第2090号) 鉄道院彙報
  9. ^ [1]
  10. ^ 大町市史編纂委員会 『大町市史 第四巻 近代・現代』 大町市、1985年9月1日。
  11. ^ 大町市史編纂委員会 『大町市史 第五巻 民俗・観光』 大町市、1984年7月1日。
  12. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  13. ^ a b 時刻表 安曇追分駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月19日閲覧。

利用状況[編集]

関連項目[編集]