安村崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安村崇(やすむら たかし、1972年 - )は日本写真家。「普通」の中の微細な「違和感」をカメラ・アイによって極限まで拡大する。


牛腸茂雄の夭折により、理解されることなく途絶えたコンポラ写真の系譜を受け継ぐ作家として、小山泰介武田陽介中島大輔西澤諭志らと共に美術評論家清水穣にネオ・コンポラと論じられている。[1]

経歴[編集]

展覧会[編集]

個展[編集]

  • 「うさんな日」(ガーディアン・ガーデン、東京、1998)
  • 「第8回写真新世紀」展(P3、東京、1999)
  • 「「自然」をなぞる」(モーダ・ポリティカ、東京、2000)
  • 「安村崇写真展」(パルコミュージアム、東京、2005)
  • 「1/1」(MISAKO & ROSEN、東京、2012)

グループ展[編集]

  • 「JAPAN Contemporary Ceramics and Photography between Tradition und Today」(Deichtorhallen、Hamburg、2003)
  • 「コモン・スケープ」(宮城県美術館、宮城、2004)
  • 「六本木クロッシング」(森美術館、東京、2004)
  • 「平遥国際写真フェスティバル」(平遥、中国、2004)
  • 「GUNDAM——来たるべき未来のために」(サントリーミュージアム、大阪、2005)
  • 「PHotoEspana」(マドリッド、スペイン、2006)

写真集[編集]

  • 「日常らしさ」(オシリス、2005年9月)

脚注[編集]

  1. ^ 清水穣「 「日常」と「無意味」の罠 」美術手帖 vol. 61 NO.919, pp. 88-95(2009年3月号:日本のアーティスト ガイド&マップ)

関連項目[編集]