安東茂季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
安東茂季
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文9年(1540年
死没 天正7年6月23日1579年7月16日
別名 重季
氏族 下国(檜山)安東氏湊安東氏
父母 父:安東舜季、母:安東堯季
兄弟 愛季、春季(友季)、茂季、季隆、季堅
正室:蠣崎季広
通季、湊金十郎、秋田吉五郎、
孫十郎政李[1]

安東 茂季(あんどう しげすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将湊安東氏10代当主。

略歴[編集]

天文9年(1540年)、安東舜季の三男として誕生。

兄・愛季安東氏統一に及んで、湊安東氏10代当主の座を継いだ。しかし実質的には、兄の傀儡に過ぎなかったといわれている。

元亀元年(1570年)、豊島玄蕃湊城近隣の国人らが第2次湊騒動を起こすが、愛季の加勢により鎮圧。一説にはこの事件後に、秋田郡一帯は愛季の支配下となり、茂季は豊島城に移されたとも伝えられる。

子・通季は、後年に愛季の子・秋田実季に反乱を起こしている(湊合戦[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 遠藤 1999,pp.50-51
  2. ^ 遠藤 1999,p.50

出典[編集]