安楽椅子探偵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

安楽椅子探偵(あんらくいすたんてい、アームチェア・ディテクティブArmchair Detective)とは、ミステリ用語。現場に赴くなどして自ら能動的に情報を収集することはせずに、室内にいたままで、来訪者や新聞記事などから与えられた情報のみを頼りに事件を推理する探偵、あるいはそのような趣旨の作品を指す。狭義では、その語の通り、安楽椅子に腰をおろしたままで事件の謎を解く者を指すが、実際にはもっと広く曖昧な範囲を含む。

概要[編集]

バロネス・オルツィの『隅の老人』シリーズがその先駆けと言われている。(ただし、後述の理由により厳密な定義からは外れているという見方もある)

一般に「安楽椅子」の語は現場へ出向くことなく頭の中で推理するという意味合いであり、書斎の安楽椅子に深々と埋まりパイプをくゆらしながら推理を巡らすというステレオタイプの作品も存在するが、実際に安楽椅子に座っていなくても、寝たきり(寝たきり探偵、ベッド・ディテクティヴ)などの理由で行動が制限されている作品も含まれる。

安楽椅子探偵形式の特徴は、読者と探偵を平等な条件に置ける事である。通常の小説の形式において、作者は読者に与える情報を恣意的に操作できる。探偵が現場を操作する場面を描いても、探偵が得た情報を読者に対して伏せることも可能である。しかし、安楽椅子探偵物においては、推理に必要な手がかりは登場人物からの言語情報や新聞などの文字情報に限られるため、探偵が得ている情報すべてを読者にも等しく提供することができるのである。

安楽椅子探偵は原則として事件現場に向かわないため、視覚的観点から現場の空間把握や新証拠発見可能性などが著しく減少することになり、通常の推理と比べ著しく不利な立場にある。また、安楽椅子探偵の傾向として、自分の推理の正しさを自分から立証しようとしないという物があり、場合によっては探偵自身が「これはひとつの推論に過ぎない」などとして、真相はどうであったかは曖昧にしてしまうケースもままある。よって作品の出来映えには、論理的な破綻を読者に感じさせず、なおかつ予想外の驚きを与えるという相反する構成を要求される。

シャーロック・ホームズのように、本来行動型の探偵が作品によって安楽椅子探偵を務めるということも少なくない。逆に、隅の老人のように、安楽椅子型の探偵[1][2][3]に分類される探偵でも、自ら証拠集めのために外出することもある。また、ネロ・ウルフやリンカーン・ライムのように、当人は室内にいるが、部下に命令を下して捜査を指揮している人物もいる。実際にシリーズを通して主人公が安楽椅子探偵を貫徹している作品は少なく、安楽椅子探偵かどうかは、多分に読者の印象や、作者のプロットに影響される傾向がある。

なお、変り種として、安楽椅子そのものが探偵という作品もある(『安楽椅子探偵アーチー』、松尾由美)。

代表的な安楽椅子探偵[編集]

ベッド・ディテクティヴも参照のこと。

日本国外[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b バロネス・オルツィ『隅の老人の事件簿』深町眞理子訳、東京創元社〈創元推理文庫〉、1977年、326-346頁
  2. ^ a b 仁賀克雄『新 海外ミステリ・ガイド』論創社、2008年、30-31頁
  3. ^ a b 郷原宏『名探偵辞典 海外編』東京書籍、1997年、39-41頁