安澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安澄(あんちょう、天平宝字7年(763年) - 弘仁5年3月1日814年3月29日))は、奈良時代から平安時代初期にかけての三論宗の僧。俗姓は身人氏(むとべし)。丹波国船井郡の出身。

善議(ぜんぎ)に師事して三論教学を学び、また密教にも通じていた。その当時奈良大安寺における三論宗の論客として知られ、法相宗の泰演と論争を行っている。