安生正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安生正
(あんじょうただし)
誕生 1958年
日本の旗 日本京都府京都市
職業 小説家推理作家
国籍 日本の旗
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞大賞(2012年)
デビュー作生存者ゼロ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

安生 正(あんじょう ただし、1958年 - )は、日本の小説家推理作家京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒業。建設会社勤務。

2012年、『生存者ゼロ』で第11回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞[1]2013年、同作で作家デビュー。2014年、同作が文庫化されると3ヶ月で発行部数が55万部を突破するベストセラーとなった[2]オリコンの発表した「2014年 上半期“本”ランキング」の文庫総合部門では約26万部で第14位に[3]、「2014年 年間“本”ランキング」の文庫総合部門では約39万部で第18位にランクインした[4]

作品[編集]

単著[編集]

  • 生存者ゼロ(2013年1月 宝島社 / 2014年2月 宝島社文庫
  • ゼロの迎撃(2014年7月 宝島社 / 2015年3月 宝島社文庫)
  • ゼロの激震(2016年4月 宝島社)
  • Tの衝撃(2017年1月)
  • レッドリスト(2018年2月)

アンソロジー[編集]

「」内が安生正の作品。

  • もっとすごい! 10分間ミステリー(2013年5月 宝島社文庫)「特約条項第三条」
  • このミステリーがすごい! 4つの謎(2014年12月 宝島社)「ダイヤモンドダスト」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]