安田優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安田 優
やすだ ゆたか
生誕 (1912-02-01) 1912年2月1日
日本の旗 日本 熊本県天草郡
死没 (1936-07-12) 1936年7月12日(24歳没)
日本の旗 日本 東京府東京市渋谷区
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
皇道派
軍歴 1934年 - 1936年
最終階級 砲兵少尉
墓所 賢崇寺東京都港区元麻布
テンプレートを表示

安田 優(やすだ ゆたか、1912年(明治45年)2月1日 - 1936年(昭和11年)7月12日)は、日本陸軍軍人陸軍砲工学校学生。二・二六事件に参加、他の将校らと斎藤實内大臣渡辺錠太郎教育総監を相次いで襲撃した。最終階級は砲兵少尉

略歴[編集]

二・二六事件のエピソード[編集]

安田のほか、坂井直中尉、高橋太郎少尉、麦屋清済少尉が率いる150人の襲撃部隊が、東京府東京市四谷区仲町三丁目(現:東京都新宿区若葉一丁目)の内大臣斎藤実の私邸を急襲。斎藤を機関銃で殺害した。

このあと、 安田は高橋少尉とともに30人を連れ、上荻窪の渡辺錠太郎教育総監私邸へ向かい、 渡辺を射殺。後の安田の供述によれば、本来、渡辺に関しては殺害する意図は無く、陸軍大臣官邸まで連行するのが目的であったという。なお、このとき殺害現場に居合わせた渡辺の次女・渡辺和子(学校法人ノートルダム清心学園の理事長)と、安田の弟・善三郎とは、現在に至るまで交流があるという。

辞世(処刑5分前の書) 「あをぐもの涯に/我がつとめ 今は終わりぬ 安らかに 我れかへりなむ 武夫の道」

墓所: 賢崇寺東京都港区元麻布

演じた俳優[編集]

映画
  • 三砂亘(『叛乱』、1954年)
  • 林統一(『226』、1989年)

参考文献[編集]

  • 社会運動史研究会『二・二六事件青年将校安田優と兄・薫の遺稿』河出文庫、2013年。ISBN 9784886837479。
  • 二・二六事件青年将校安田優と兄・薫の遺稿(イザ!)

関連項目[編集]

旧制・熊本県立済々黌中学校(熊本県立済々黌高等学校)は、事件に関わった青年将校を他にも輩出している。

  • 林正義 - 海軍中尉。五・一五事件に連座し、内乱予備罪で有罪。
  • 河野壽 - 陸軍航空大尉。二・二六事件に参加、湯河原の別荘に滞在中の牧野伸顕を襲撃、事件後自決。
  • 清原康平 - 陸軍少尉。二・二六事件に参加、反逆罪(群衆指揮など)で無期禁固刑(のち恩赦)。