安田幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安田 幸一(やすだ こういち、1958年9月27日[1] - )は、日本建築家東京工業大学教授

略歴[編集]

1958年神奈川県生まれ。1981年に東京工業大学建築学科(篠原一男研究室)を卒業した後、同大学院修士課程、イェール大学大学院修士課程を修了した。

1983年から2002年まで日建設計1988年から1991年までバーナード・チュミ・アーキテクツに勤務していた。

2002年に東京工業大学助教授となり、2007年に教授となった。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

東京工業大学大岡山キャンパス附属図書館

日建設計時代の代表作品として、警視庁丸の内警察署桜田門警備派出所、その他、新江ノ島水族館などの水族館建築や、日本建築学会賞や村野藤吾賞を受賞したポーラ美術館がある。

水族館

美術館

  • ポーラ美術館

そのほか

  • 警視庁丸の内警察署桜田門警備派出所
  • 東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット
  • 東京工業大学大岡山キャンパス附属図書館(安田幸一研究室+佐藤総合計画設計:BCS賞受賞。)

主な著書[編集]

  • ニューヨークモダンリビング—都市に住む建築家達(建築探訪)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.494

関連項目[編集]