安田章生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

安田 章生(やすだ あやお、1917年(大正6年)3月24日 - 1979年(昭和54年)2月13日)は、日本の歌人国文学者

尾上柴舟門下の歌人・安田青風の長男として兵庫県に生まれる。東京帝国大学卒。1946年、父と歌誌『白珠』を創刊。国文学者としては藤原定家西行研究の大家であった。大阪樟蔭女子大学助教授教授1966年甲南大学教授。1978年「心の色」30首で第14回短歌研究賞受賞。子の安田純生が『白珠』代表を継承している。

著書[編集]

  • 『樹木 歌集』紀元発行所 1943
  • 『現代短歌ノート』有文社 1948
  • 『心象』さかの書房 1948
  • 『新古今秀歌』創元社 1953
  • 『表情 歌集』創元社 1953 白珠叢書
  • 『現代歌論』創元社 1956
  • 『日本の芸術論』東京創元社 創元選書 1957
  • 『新古今集歌人論』桜楓社出版 1960
  • 『日本の詩歌』創元社 1962
  • 『日本詩歌の正統』創元社 1965
  • 『藤原定家研究』至文堂 1967
  • 『歌の深さ 古典和歌・現代短歌』創元社 1971
  • 『鑑賞日本の詩歌』創元新書 1972
  • 『西行』弥生書房 1973 弥生選書
  • 『王朝の歌人たち』日本放送出版協会NHKブックス 1975
  • 『西行と定家』講談社現代新書 1975
  • 『旅人の耳 歌集』弥生書房 1978 白珠叢書 のち短歌新聞社文庫
  • 『日本の歌ごころ』講談社 1978
  • 『安田章生全歌集』短歌新聞社 1981
  • 『安田章生文集』安田幸子編 弥生書房 1984

共著[編集]

[編集]

  • 『古典日本文学全集 第36 (芸術論集)』書道論 筑摩書房 1962

参考[編集]