安積沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安積沼跡 案内板付近

安積沼(あさかぬま)は、福島県安積郡(現在の郡山市)にかつてあった

概要[編集]

14世紀頃までは安積郡片平安積山麓から日和田までの7kmほど続く、巨大な沼であったと伝わる[1]。また、『前田慶次道中日記』によると、少なくとも1601年慶長6年)頃までは周囲300mほどの沼があったようである。

10万年ほど前、付近には郡山市から矢吹町まで広がる巨大な古代湖『郡山湖』があったとされ[2]、安積沼はその名残ではないかという説もある。

花かつみという植物が群生していたと伝えられ、『古今和歌集』『新古今和歌集』『金葉和歌集』の和歌にも安積沼の名前が登場する。1689年元禄2年)には松尾芭蕉曾良とともに訪れ、花かつみを捜し歩いたと記録されている[3]。その他、花菖蒲も自生していたようで、江戸時代に開かれた堀切菖蒲園のは花菖蒲はここから持ち込まれたとも言われている[4]

また、付近には大蛇が暴れまわって村々を荒らしたという伝説があり、鎌倉景正による退治の伝説が豊景神社大鏑神社[5]に伝わる他、日和田町の蛇骨地蔵堂には大蛇が佐用姫法華経により昇天する伝説が残る。

現在は田畑や住宅地などになり、郡山市日和田町根柄に沼の跡を示す案内板が立つのみである。地図

舞台となった作品[編集]

小説[編集]

和歌[編集]

  • みちのくの あさかのぬまの 花かつみ かつ見る人に こひやわたらむ(古今和歌集 巻第14恋歌4・677 読人不知)

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安積沼について|俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡 芭蕉と郡山|LAP Edc. SOFT
  2. ^ “<東日本大震災>「古代湖」内の被害突出 福島「郡山湖」”. 毎日新聞. (2011年5月6日) 
  3. ^ 幻の花「花かつみ」の里安積山/郡山市
  4. ^ 堀切菖蒲園園内の案内板より
  5. ^ 大鏑神社由緒より
  6. ^ 安積沼(あさかのぬま)とは - コトバンク

関連項目[編集]