安良神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安良神社(やすらじんじゃ)は、鹿児島県霧島市横川町上ノ164に鎮座する神社鹿児島神宮霧島神宮、加治木春日神社、福山宮浦神社とともに大隅5社として崇められてきた。

祭神[編集]

安良姫命(やすらひめの みこと)、十一面観世音菩薩、稲牟礼宮(いなむれぐう)、腰越宮(こしごえぐう)、諏訪宮。の5柱。このうち、 腰越宮(こしごえぐう)は、安良姫の母君にあらせられ、諏訪宮は農工商の神である。また、安良姫は生前、十一面観音を篤く信仰していた。

由緒[編集]

和銅年間(708年 - 715年)の創建という伝承がある。

都の女官であった安良姫という女性が、あるとき、川辺で直垂を洗っていたら、飛んできたたくさんの白鷺に見とれてしまい、片袖を流してしまった。その咎(とが)により、門の扉に縛られ、炭火で焼き殺されるという重罪に処せられたが、観世音が彼女の身代わりとなり、難を逃れた。

安良姫は大隅国横川の里に落ち延びたが、都のことや母君のことを思い、煩悶ののちに安良岳の頂上で自害した。その後、この里に種々の怪異が度々起こったので、村人等がその霊を慰め、安良岳の頂上に姫を祀った。さらに今から700年ほど前に、安良岳の麓の現在地に遷された。

三国名勝図会』には、かつてこのあたりで門を立てたり、炭を焼くと祟りがあった、と載せられている。

神社には(北条泰時の時代の)貞永5年(正しくは嘉禎2年、1236年)、(南北朝統一間近の)北朝康応2年(1390年)の棟札や板碑、古文書などが所蔵されている。享保19年(1734年)には正一位「安良大明神」が贈位された。

神社には、室町時代初期の13の能面もつたわっており、現在は郷土館で保存されている。社宝としては、御幣3 古鐘2なども伝わっている。

祭祀[編集]

例祭日は、4月17日と、11月5日。11月5日からは、四方立舞、田の神舞が奉納される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

  • 『コンサイス日本人名辞典 改訂新版』(三省堂、1993年) p1272

座標: 北緯31度54分16.5秒 東経130度40分8.6秒 / 北緯31.904583度 東経130.669056度 / 31.904583; 130.669056