安芸山本駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安芸山本駅
あきやまもと
Aki-Yamamoto
安芸長束 (0.7km)
(0.6km) 下祇園
所在地 広島県安佐郡長束村
(現:広島市安佐南区長束
所属事業者 鉄道省
所属路線 可部線
キロ程 3.0km(横川起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1909年明治42年)12月19日
廃止年月日 1943年(昭和18年)10月1日
テンプレートを表示

安芸山本駅(あきやまもとえき)は、かつて広島県安佐郡長束村(現在の広島市安佐南区長束)にあった、鉄道省可部線1943年昭和18年)10月1日に営業休止となった。

概要[編集]

現在の可部線の原点となる大日本軌道広島支社線の開業とともに設置された。当初は長束停留場を名乗っていたが、後に開業した隣の大師停留場(現在の安芸長束駅)が新たに長束停留場を名乗ることになり、また当駅が山本村(現在の安佐南区山本)の入り口に位置していたことから山本停留場に改称、後に国有化により安芸山本駅となった。

1943年昭和18年)、可部線内の他のいくつかの駅とともに休止された。

小説「黒い雨」の舞台である「山本駅」は当駅の事であるが、広島市への原子爆弾投下時(1945年昭和20年)8月6日)には既に営業を休止(実質廃止)しており、事実と異なっている。

可部線と並行する旧国道(県道277号)に、広島交通の「安芸山本」バス停が存在している。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『広島県統計書. 昭和3年 第1編(其ノ2)』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 「鉄道省告示第271号」『官報』1943年9月15日(国立国会図書館デジタル化資料)