安芸戸島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安芸戸島駅(あきとしまえき)は、かつて広島県安芸高田市向原町戸島にあった、鉄道省(現・西日本旅客鉄道(JR西日本))芸備線簡易停留場廃駅)である。

当駅は、吉田口駅 - 向原駅間にある、地ヶ原踏切の脇に所在していた。

歴史[編集]

地ヶ原踏切に設置された看板

1929年(昭和4年)に、芸備鉄道が旅客確保のために車両の短い客車のガソリンカーが登場し、このガソリンカー専用のとして、1930年(昭和5年)4月25日戸島停留場(としまていりゅうじょう)が設置された[1]1937年(昭和12年)に芸備鉄道が国有化[2]され国鉄芸備線になったことに伴い、当駅が安芸戸島駅に改称された[3]1941年(昭和16年)8月10日戦争によりガソリンカーの減少とともに当駅も営業休止(事実上の廃止)となった。

現在は、当駅を思わせるような形跡はなく、2015年(平成27年)の芸備線100周年を記念に、近隣の人により地ヶ原踏切に当駅があったことを示す看板が設置されている。

隣の駅[編集]

鉄道省
芸備線
吉田口駅 - 安芸戸島駅 - 向原駅

脚注[編集]

  1. ^ 『鉄道停車場一覧. 昭和9年12月15日現在』国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『鉄道統計. 昭和12年度 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鉄道省告示第209号」『官報』1937年6月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]