安芸津広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あきつ ひろし
安芸津 広
本名 安芸津 融(あきつ とおる)
別名義 安芸津 宏
生年月日 (1906-09-08) 1906年9月8日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 広島県安芸郡
ジャンル 俳優
活動期間 1940年 - 1971年
活動内容 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビドラマ

安芸津 広(あきつ ひろし、1906年9月8日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3]広島県安芸郡出身[1][2][3]。旧芸名・別名は安芸津 宏(読み同じ)、安芸津 融(あきつ とおる)[1][2][3]

人物[編集]

東宝の専属俳優。

クレジットされる作品は少数だが、戦前からジャンルを問わず出演していた。

芸名は出身地の安芸郡に由来し、命名者は徳川夢声である[1][2]

1971年以降、映画出演の記録がないが、同年の俳優専属システム崩壊時に引退したものと思われる。

同じ専属俳優の加藤茂雄記平佳枝によると広島の被爆者だったという[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • ウルトラQ
    • 第12話「鳥を見た」(1966年) - 年配の漁師
    • 第17話「1/8計画」(1966年) - 1/8計画応募者 ※ノンクレジット
  • ウルトラマン 第7話「バラージの青い石」(1966年) - バラージの老人
  • 桃太郎侍 第3話「秘めたる過去」(1967年)
  • 昔三九郎 第3話「無理難題」(1968年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社、1983年、527頁。
  2. ^ a b c d e 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、110頁。
  3. ^ a b c 『モスラ映画大全』洋泉社(洋泉社MOOK)、2011年、15頁。