安藤伊右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安藤 伊右衛門(あんどう いえもん、寛延4年3月17日1751年4月12日) - 文政10年3月17日1827年4月12日))は、江戸時代後期の治水[1]、新田開発の功労者[2]。名は正知[1]

経歴・人物[編集]

因幡国八上郡郡家村の豪農の家に生まれる[1][2]旱魃に苦しむ郡内の14の村に、私財を投じて文政6年(1823年八東川から伸びる灌漑用水路を完成させ、新田を拓いた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『安藤伊右衛門』 - コトバンク
  2. ^ a b 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『安藤伊右衛門』 - コトバンク