安藤信哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安藤 信哉(あんどう のぶや、1897年11月24日 - 1983年1月1日[1])は、日本洋画家

来歴・人物[編集]

千葉県生まれ。3歳の時、父が教員として赴任するため茨城県結城郡水海道町(現常総市)に移り住む。茨城県立水海道中学校卒業後一時教職に就くが、退職して洋画を学ぶ。

生前、売り絵を描かなかったため、画商がつかなかった。生前の親交により、遺族から静岡県の美術館に数十点の作品が寄贈されている。

年表[編集]

主な収蔵美術館[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『20世紀物故洋画家事典』(美術年鑑社、1997年)p.21