安藤信由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
安藤信由
時代 江戸時代後期
生誕 享和元年10月11日1801年11月16日
死没 弘化4年6月5日1847年7月16日
改名 浜之助(幼名)→信由
戒名 宣照院殿光誉昶自徳大居士
墓所 東京都杉並区永福の栖岸院
官位 従五位下、従四位下、伊勢守、対馬
幕府 江戸幕府奏者番
主君 徳川家斉家慶
陸奥磐城平藩
氏族 安藤氏
父母 父:安藤信馨、養父:安藤信義
兄弟 信発信由
正室:松平信明の娘
信正板倉勝成、正子(仙石久利正室)、力子(内藤正義正室、安藤信勇の母)

安藤 信由(あんどう のぶより)は、陸奥磐城平藩の第4代藩主。対馬守系安藤家9代。幕末老中安藤信正の実父である。

生涯[編集]

享和元年(1801年)10月11日(文化3年(1806年)10月12日とも)、第2代藩主・安藤信馨の五男として生まれる。父が文化9年(1812年)に死去した時、兄の信発はすでに早世しており、信由はまだ幼少であったことから、従兄の信義家督を継いだ。信義には実子がなく、その養子となる。文化14年(1817年)7月28日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政3年(1820年)12月16日、従五位下・伊勢守に叙任する。後に対馬守に改める。文政12年(1829年)7月5日、信義の隠居により家督を継いだ。天保2年(1831年)8月17日、奏者番に就任する。

藩政においては、天保の大飢饉や長雨による大冷害などで3000人を超える餓死者を出し、藩財政が困窮した。弘化4年(1847年)6月5日に死去した。享年47、または42。跡を長男の信正が継いだ。