安藤次由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
安藤次由
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年(1716年
死没 明和2年5月8日1765年6月25日
改名 伊織(幼名)、次由
戒名 興仁院徳穏居士
墓所 愛知県岡崎市大和町 妙源寺
官位 従五位下、帯刀舎人
幕府 江戸幕府
紀伊田辺藩主(御三家紀州藩附家老
氏族 安藤氏
父母 父:安藤信秀、養父:安藤雄能
正室:北条氏朝の娘
乾之助、友楠、五百歳丸、新太郎、男、
娘(西洞院時名室)、娘(菅沼政識室)、
娘(西大路氏室)、娘(裏辻実本室)、
於槌の方、娘(安藤寛長正室)、他女子5名
養子:寛長

安藤 次由(あんどう つぐゆき)は、紀伊田辺藩の第9代藩主。藩祖・安藤直次の弟・安藤重信の子孫で旗本の安藤信秀の次男。

享保元年(1716年)生まれ。先代藩主・雄能が享保15年(1730年)3月晦日に死去したため、養子となって同年9月6日に跡を継いだ。明和2年(1765年)5月8日に50歳で死去し、跡を養子の寛長摂津高槻藩主・永井直期の五男)が継いだ。