安藤淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安藤 淳 Football pictogram.svg
名前
愛称 アンちゃん、さかな
カタカナ アンドウ ジュン
ラテン文字 ANDO Jun
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-10-08) 1984年10月8日(34歳)
出身地 滋賀県野洲市[1]
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 京都サンガF.C.
ポジション DF / MF
背番号 16
利き足 右足
ユース
2003-2006 関西大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2013 京都サンガF.C. 177 (11)
2014-2015 セレッソ大阪 15 (1)
2015-2017 松本山雅FC 42 (1)
2018 愛媛FC 30 (0)
2019- 京都サンガF.C.
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月12日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

安藤 淳(あんどう じゅん、1984年10月8日 - )は、滋賀県野洲市出身のサッカー選手。ポジションはDFMF

来歴[編集]

関西大学在籍時の2006年京都パープルサンガ特別指定選手となる。2007年に京都に入団。元々はボランチを務めていたが、大木武が監督に就任した2011年からは中盤に加えてセンターバックサイドバックまでこなすユーティリティープレイヤーとして開花した。
2013年より主将に抜擢される[2]

2014年よりセレッソ大阪に完全移籍。しかし出場機会が少なく、2015年6月に松本山雅FCへの完全移籍が発表された。

2018年、愛媛FCへ完全移籍[3]。2018年12月、京都へ完全移籍により加入した。6年ぶりの復帰となる[4][1]

エピソード[編集]

アニメ・漫画のファンとしても知られている。漫画クローズのキャラクターを中心にフィギュアも数十体保有し、月に数個のペースで購入を続けている[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 関西大 10 - - - 3 1 3 1
2007 京都 4 J2 5 0 - 1 0 6 0
2008 18 J1 15 1 0 0 2 1 17 2
2009 16 32 1 3 0 1 0 36 1
2010 26 1 5 0 2 0 33 1
2011 8 J2 22 1 - 5 0 27 1
2012 42 3 - 2 0 44 3
2013 35 4 - 2 0 37 4
2014 C大阪 16 J1 11 1 0 0 2 0 13 1
2015 J2 4 0 - 0 0 4 0
松本 36 J1 15 1 - 3 2 18 3
2016 6 J2 16 0 - 0 0 16 0
2017 11 0 - 1 0 12 0
2018 愛媛 8 30 0 - 0 0 30 0
2019 京都 16 -
通算 日本 J1 99 5 8 0 11 3 118 8
日本 J2 165 8 - 11 0 176 8
日本 - - 3 1 3 1
総通算 264 13 8 0 25 4 297 17
  • 2006年は特別指定選手。
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2014 C大阪 16 3 0
通算 AFC 3 0
その他の公式戦

出場歴[編集]

学生時代の成績[編集]

  • 関西学生サッカー選手権大会出場 (2003年:3位/2005年、2006年:優勝)
  • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場 (2005年:優勝)
  • 関西学生サッカー春季リーグ出場 (2003年:4位/2004年:6位/2005年:3位)
  • 関西学生サッカーリーグ出場 (2003年、2004年:準優勝)

脚注[編集]

  1. ^ a b “サンガ、DF安藤獲得 元主将が6年ぶり復帰”. 京都新聞. (2018年12月11日). https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20181210000136 2018年12月12日閲覧。 
  2. ^ 京都新聞2013年2月13日
  3. ^ 安藤淳選手 愛媛FCへ完全移籍のお知らせ”. 松本山雅FC (2017年12月23日). 2017年12月23日閲覧。
  4. ^ “安藤淳選手 愛媛FCより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2018年12月11日), https://www.sanga-fc.jp/news/p/13603/ 2018年12月12日閲覧。 
  5. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年5月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月6日閲覧。

関連項目[編集]