安藤統男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
安藤 統男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県土浦市
生年月日 (1939-04-08) 1939年4月8日(81歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

安藤 統男(あんどう もとお、本名・安藤 統夫※読み同じ、1939年4月8日 - )は、茨城県土浦市出身(兵庫県芦屋市生まれ)の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督解説者評論家

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

兵庫県芦屋市で出生後に、実父の転勤で土浦市内に転居。土浦一高進学後は、2年次の1956年まで木内幸男監督の指導を受け、3年次の1957年夏に遊撃手兼控え投手として夏の甲子園へ出場。山本秀一を擁する県和歌山商との初戦に勝利したものの、高木守道を要する県岐阜商の前に完封負けを喫した[1]。高校卒業後は1958年慶應義塾大学へ進学し、東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、3年次の1960年秋季の早慶六連戦では1番・遊撃手として活躍。サヨナラのチャンスに三塁走者として本塁タッチアウトになったが、後年も安藤は「あのプレーはセーフだった」と言っている。4年次の1961年には主将を務め、在学中は通算103試合出場・382打数105安打1本塁打・30打点・打率.275という成績を残すと共に、遊撃手としてベストナインに2度選出された。同期生には、高校時代に県岐阜商のエースとして対戦した清沢忠彦住友金属)、角谷隆日本ビール)、三浦清(日本石油大昭和製紙)など、卒業後に社会人野球で活躍した投手が揃っていた。

現役時代[編集]

安藤自身は関東地方で過ごした学生時代からの阪神ファンであり、大学時代には巨人からも入団を誘われたが、川上哲治監督へ会いに行った末に、「私は強い巨人に入るより、戦う側に回りたい」という理由で断りを入れた。安藤によれば、「内心では川上から怒られることを覚悟していたが、実際には川上から感心されたあげく、激励を受けた。川上は、(自分の)阪神入団後も何かと気にかけてくれた。阪神の監督時代にファンから中傷を受けた時にも、『絶対に途中で投げだすんじゃないぞ』というアドバイスをもらった」という。大学卒業後の1962年に阪神タイガースへ入団。担当スカウトは佐川直行で、当時のトレーニングコーチ・篠田仁が仲介したとされる。背番号は9。当時は吉田義男が長年にわたって正遊撃手の座を守っていたことから、1年目の同年は主に内野の守備要員として一軍に起用される。4月21日中日戦(甲子園)で初出場を果たし、柿本実から初安打となる三塁打を放つ。9月5日大洋戦(川崎)の試合前に同球場の外野グラウンド内で正三塁手三宅秀史とのキャッチボールへ臨んでいたところ、外野の別エリアでキャッチボール中だった他の選手の投球が三宅の左眼を直撃。その影響で三宅が左眼視力が大幅に低下する重傷を負って戦線を離脱したため、残り試合では三塁手としてのスタメン起用が相次いだ。チームは同年にリーグ優勝したことから、東映との日本シリーズでは全7試合に出場。4試合で三塁手としてスタメンに起用されたが、打撃面では通算9打数1安打と振るわなかった。2年目の1963年には内野のユーティリティプレイヤーとして52試合にスタメン出場し、2番打者としても34試合に起用された。3年目の1964年5月24日の中日戦(甲子園)で門岡信行から本塁打を放ち、南海との日本シリーズでは10月6日の第5戦(大阪)で皆川睦雄から2ラン本塁打をマーク。1965年にはシーズンを通じて代打で3本のサヨナラ安打を記録した。この記録は、現在に至るまで「同一選手による代打での最多サヨナラ安打」というプロ野球シーズン記録として残っている。1968年には吉田の出場が減り、二塁手として先発での出場が増える。1969年には本屋敷錦吾から正二塁手の座を奪うと共に2番打者として活躍し、1970年には全セの監督推薦選手としてオールスターゲームへ初出場を果たしたほか、規定打席に初めて到達。王貞治に次ぐリーグ2位の打率.294、リーグ最多の29犠打も記録。1971年は序盤にアキレス腱を断裂したことから6月以降は野田征稔が台頭したが、1972年には85試合に出場するなど復活を遂げている。入団以来本名の「安藤統夫」を登録名に用いてきたが、チームの主将に任命された1973年に「安藤統男」へ変更。アキレス腱の断裂で長期の戦線離脱を余儀なくされた経験から、「下にがつくから」という験を担いだことによる[2]。同年は野田に代わって中村勝広が正二塁手へ定着したことから、自己最少の36試合へ出場しただけで、シーズン終了後に現役引退とコーチへの転身を発表した。現役引退の際には、当時中央球界で無名であった習志野高校内野手の掛布雅之の入団に一役買っている。自身の入団の際にも関わった篠田に加えて、掛布の叔父ともかねてから懇意にしていたことから、篠田からの依頼で掛布の入団テストを球団に打診している。

一軍のレギュラーとして活躍した期間は短かったが、公式戦には実働12年間で通算922試合に出場。640試合で内野(一塁:18試合、二塁:432試合、三塁:46試合、遊撃:144試合)、111試合で外野を守るなど、ユーティリティプレイヤーとして重宝された。

現役時代から若白髪で、50代以降は総白髪となっている。

引退後[編集]

引退後は阪神で一軍守備コーチ(1974年 - 1975年)、二軍守備コーチ(1976年)、二軍監督(1977年, 1981年)、一軍守備・走塁コーチ(1978年 - 1980年)、監督(1982年 - 1984年)を歴任。指導者時代は選手に無理をさせないことを信条にし、コーチ1期目は自身が入団に関わった掛布を1年目から一軍に定着させ、コーチ2期目には三塁コーチを担当。二軍監督2期目には若手を率いてアメリカ教育リーグに参加したが、フロリダ州セントピーターズバーグのホテルで10月14日深夜(日本時間同15日)、小津正次郎球団社長からの国際電話を受けた[3]日本では中西太監督退団会見の翌日であり、後任監督の就任要請であった[3]同21日の帰国後に受諾し、同23日の就任会見で「正直言ってプレッシャーを感じている」と言いながら「20年間阪神にお世話になった。ご恩に報いるのは優勝」と宣言[3]。早くから幹部候補と目された「切り札」であり、小津は同年まで5年間で監督5人という短命の反省から腰を据え、「長期にわたり優勝態勢を築く」と異例の5年契約を結んだ[3]。監督就任後最初のドラフト明治大学平田勝男を2位で指名した際に、平田の入団に難色を示していた島岡吉郎監督と直々に交渉して入団に導いた。1年目の安芸キャンプでは「守りの野球」を掲げ、掛布に「27個目のアウトを取る時にグラウンドにいないとレギュラーじゃない」と諭した[3]3月22日の巨人とのオープン戦(甲子園)で、現職監督としてはオープン戦史上初の退場処分を受けた。安藤は、巨人の内野手がゴロを処理した後の一塁送球が逸れた状況で、打者走者をアウトと判定した一塁塁審の友寄正人へ執拗に抗議。さらに、抗議の後で思わず足元の砂を蹴って友寄に掛けた行為が、「審判への侮辱行為」とみなされた[4]。ホーム用ユニフォームのデザインを伝統のスタイルにしたものに改めて臨んだが[5]4月3日に行われた開幕戦の大洋戦(横浜)は9回表まで2―0であったが、開幕投手の小林繁は完封目前の2死一、二塁から連打で同点。なお一、三塁。敬遠策の2球目、ウエストボールがとんでもない高い球となり、暴投でサヨナラ負けを喫した[3]。尾を引くように4月は5勝12敗2分の最下位と出遅れたため[3]。、ユニフォームのせいだとまでいわれた。5月に入ると、先発の山本和行を呼んで意図を話し、再び救援に転向させた[3]。弱体投手陣を継投でやりくりする采配に、スポーツジャーナリスト山際淳司は「戦力に応じたフレキシビリティー。それが安藤野球」と評した[3] [6]。6月から7月にかけて破竹の11連勝の後、2勝2敗を挟んで8連敗を喫して[3]月亭八方などの落語家や大阪のお笑い芸人にネタにされた。8月31日の大洋戦(横浜)で、柴田猛島野育夫両コーチによる審判への暴行事件が発生。このとき審判側はプロ野球史上、日本はおろか世界でも初めて「暴力行為による没収試合」を検討し、それを実行する寸前まで来ていたが、安藤が謝罪して没収試合は回避された。それでも試合内容は充実しており、山本は40セーブポイントの新記録で最優秀救援投手、掛布は本塁打王打点王の二冠。岡田彰布は初めて3割をマーク。優勝した中日より1勝多く、最多勝の巨人とは1勝少ないだけで、中日から4・5ゲーム差の3位とAクラスを確保。1983年は19年ぶりの優勝の期待が盛り上がり、パ・リーグでも日本ハム西武[7]と19年ぶりの優勝が続いたこともあり、次は阪神という気運となった。マウイ島でキャンプを張ったが、開幕から打線が振るわず早々に巨人の独走を許し、6月末まで62試合で10度も零敗があった[3]真弓明信首位打者藤田平の2000安打と話題はあったが、小林が「体力、気力の限界」と現役引退を表明。最終成績は62勝63敗5分と負け越し、4位であった。一部新聞では「安藤辞任」「小津退陣」との報道が乱れとんだ[3]。小津、岡崎義人球団代表と共に10月26日には阪神電鉄本社でのシーズン終了報告に臨んだが、例年30分程度で終わるところ、本社会長の田中隆造オーナー、社長の久万俊二郎オーナー代行との会談は3時間に及んだした[3]。席上では本社側が安藤に「小津社長には辞めてもらうことになった。君は来季もやってほしい」と「小津辞任、安藤留任」を迫ったが[8]、安藤は唐突な本社の提案に抵抗し、田中は「厳しさを打ち出して3人で頑張れ」となった[3]1984年には6月13日から同15日の間は佐藤孝夫一軍打撃コーチが監督代行を務め、8月死のロードで4勝13敗と大きく負け越し、Aクラス入りも断たれた。福間納が中継ぎで登板を重ね、稲尾和久の持っていたシーズン登板記録の78試合に迫るところに来ていたが、プロ野球記録の調査研究で知られた宇佐美徹也は安藤に手紙を書いて、「形だけの記録の更新」を思いとどまるよう懇請したという。結局、福間の登板数は稲尾より1試合少ない77試合となった。また、終盤には掛布と宇野勝が本塁打王を争い、両者同数で両チームの直接対決2試合が最終カードとなって、互いが相手を全打席敬遠した。特に10月5日の中日との最終戦(甲子園)は1年目の池田親興の10勝目がかかった試合で、池田は4度宇野を歩かせ、苦しいピッチングを強いられる。宇野を歩かせた4度のうち、2度生還を許している。2-2の7回裏に阪神が4点を勝ち越してリードを保ったままマウンドを降りたが、8回表に伊藤宏光ケン・モッカに3ランを浴びると、9回表には山本和行が宇野を歩かせたところから、田尾安志谷沢健一に連打され、宇野が同点のホームを踏んだところで池田の10勝目が無くなった。シーズン最終戦であったため、試合終了後にセレモニーが行われたが、逆転負けを喫した上に池田の10勝目をなくしたこともあり、ファンがグラウンドになだれ込んだり、弁当箱などのゴミを投げ込んだりする騒ぎになった。このように、最後のシーズンは記録やタイトルをめぐる騒動に巻き込まれて終わる形になった。一度は「契約通りに1985年も指揮を執る」ことが発表されたものの、シーズン末期にはスポーツ各紙が来期の監督人選について一面を飾るようになり、また球団も水面下で次期監督を模索していたことを知った安藤は退団を決意した。退団時に安藤は、マスコミ関係者に「よくも俺を辞めさせたな!」と怒鳴ったという。また、シーズン中には、安藤及び夫人は氏名不詳の人物によるいやがらせを受けていた。この時は自宅に差出人不明のゴキブリの死骸入りの封書が届くなどの事態となり、シーズン後には夫人がストレスで白髪頭になってしまったほどである。チームは安藤が退団した翌1985年に、21年振りのリーグ優勝を達成。日本シリーズも制覇したが、当時の主力選手であったランディ・バースは、安藤の在任中である1983年)に入団している。ただし、後任監督の吉田によると、安藤は「守備が悪いし、走れない」との理由でバースを1985年の構想から外していたという[9]。在任中は他球団で使い物にならなくなった野村収山内新一稲葉光雄太田幸司を獲得した為、「寄せ集め」と揶揄された事もある[10]。当時ある関西のスポーツ新聞2紙が球界の話題をテーマにした漫画を掲載していたが、2紙が偶然にも同時期に安藤を廃品回収業者になぞらえ笑い者にした[10]。「御家庭で不要になったクズ鉄、古新聞はございませんか…」と街中を行き来する安藤が運転するトラックの荷台には山内、稲葉、太田の3つの「クズ鉄」が積み込まれていたという内容の絵であり、この絵を見た大阪の廃品回収業者が真面目に働く人間を笑いのネタにしていると抗議[10]。2紙の担当者は平身低頭で謝罪し一件落着したが、当の安藤には大受けであり、こういった陰口は早くから出回っていたが誰も表立って声にしていなかっただけで、それをズバッと漫画で取り上げたのがきっかけであった[10]

阪神退団後は毎日放送解説者スポーツ報知評論家(1985年 - 1986年)を経て、ヤクルトスワローズ一軍作戦コーチ(1987年 - 1989年)を務めた。 関根潤三監督からは姓をもじって「アンちゃん」と呼ばれ[11]あんみつ屋で作戦会議を開いていた。1988年に掛布が引退を発表した際、安藤は「この年齢(掛布は引退当時33歳)で球界を去るのは惜しい。引退は体力・気力の限界だけでなく人間関係が原因なのではないか?」と考えた。そこで安藤は「ヤクルトに来い」と掛布に電話をかけた。掛布の背中を見せて池山隆寛広沢克己に本物の4番とはどういうものか教えたい、最後は阪神に帰ればいいと説得したが、掛布は丁重に断った。この話は2003年、ラジオで安藤と掛布が出演した際明かされた。後に掛布は江川卓の対談では当時のヤクルト関根監督からの誘いであると記しており[12]、安藤本人も、関根から頼まれて掛布やバース(1988年シーズン中に阪神退団)に電話をかけたと語っている[13]1990年からは毎日放送解説者・スポーツ報知評論家に復帰し、シーズン前の順位予想では、前評判の高くないチームの優勝を的中させたことがある。1997年にはエリック・ヒルマン鈴木平の不調をキャンプで見抜き、ヤクルトと西武の優勝を予想した。2008年のパ・リーグ順位予想ではほとんどの評論家がBクラス予想で、中には最下位予想もいた中、ただ一人西武の優勝を予想した。安藤は西武をキャンプで視察した頃から評価していた。2010年のセ・リーグ順位予想でも、前評判があまり高くなかった中日の投手陣を高く評価して優勝を予想した。永らく阪神OB会会長も務めたが、後に田淵幸一に譲り勇退。2001年には、夫人の脱税発覚で退陣した野村克也に代わる阪神の監督候補に挙げられたが、病気療養中であった夫人の介護に専念することを理由に辞退。結局、同年限りで中日の監督を退いたばかりの星野仙一が、2002年から野村の後任を務めた。80歳になった2019年限りで、毎日放送解説者を勇退。MBSラジオでの阪神戦中継では9月10日放送のヤクルト戦(甲子園)、裏送り向けの中継では9月24日STVラジオで放送されたオリックス日本ハム戦(京セラ)で解説を終了した。翌25日には『ファイターズDEナイト!!スペシャル』(HBCラジオ)に電話出演したが、日本ハムの栗山英樹監督は、安藤のヤクルトコーチ時代の教え子である。2020年からはスポーツ報知での評論活動に事実上専念するが、MBSラジオで放送される野球関連の特別番組にも、ゲスト扱いで随時出演している。

趣味は自動車運転で、ハワイアンミュージックカントリーミュージックなど、幅広いジャンルの楽曲を愛聴している。MBSラジオが2015・2016年度よりナイターオフ期間の火~日曜日に放送している『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』では、2015年度には火曜日にレギュラーで「DJモトオ」と称し、週替わりで全曜日のエンディングに放送する楽曲も選んでいた[4]。2016年度には日曜日に不定期で出演。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 阪神 56 95 82 13 15 0 1 0 17 1 3 2 4 0 7 0 2 16 1 .183 .264 .207 .471
1963 96 236 206 22 42 2 1 0 46 13 18 13 9 2 16 1 3 24 4 .204 .269 .223 .492
1964 59 126 114 14 27 4 1 1 36 6 4 4 8 0 2 0 2 18 4 .237 .263 .316 .579
1965 107 252 223 29 51 5 0 3 65 17 16 7 13 0 11 0 5 17 3 .229 .280 .291 .572
1966 111 305 284 17 55 8 0 3 72 16 5 5 6 0 15 0 0 29 7 .194 .234 .254 .488
1967 63 84 77 5 17 2 1 1 24 5 1 1 2 0 5 0 0 14 3 .221 .268 .312 .580
1968 39 104 93 12 19 5 0 2 30 6 1 0 3 0 6 0 2 12 3 .204 .267 .323 .590
1969 86 262 234 36 57 6 2 9 94 21 2 2 8 0 16 0 4 31 10 .244 .303 .402 .705
1970 121 440 378 45 111 15 1 10 158 30 3 6 29 1 29 3 3 45 5 .294 .348 .418 .766
1971 63 135 114 7 14 2 0 1 19 5 1 0 7 1 10 0 3 24 2 .123 .211 .167 .378
1972 85 234 209 23 43 5 1 3 59 15 2 0 9 1 13 0 2 37 9 .206 .258 .282 .540
1973 36 54 50 0 6 0 0 0 6 3 0 1 0 0 4 2 0 18 1 .120 .185 .120 .305
通算:12年 922 2327 2064 223 457 54 8 33 626 138 56 41 98 5 134 6 26 285 52 .221 .277 .303 .580
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1982年 阪神 3位 130 65 57 8 .533 4.5 118 .262 3.44 43歳
1983年 4位 130 62 63 5 .496 11.5 169 .274 4.22 44歳
1984年 4位 130 53 69 8 .434 23 165 .264 4.46 45歳
通算:3年 388 178 189 21 .485 Aクラス1回、Bクラス2回
  • 1982年から1996年までは130試合制

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 9 (1962年 - 1973年)
  • 79 (1974年 - 1975年)
  • 82 (1976年 - 1980年)
  • 70 (1981年)
  • 80 (1982年 - 1984年)
  • 75 (1987年 - 1989年)

登録名[編集]

  • 安藤 統夫 (あんどう もとお、1962年 - 1972年、1984年、1987年 - 1989年)
  • 安藤 統男 (あんどう もとお、1973年 - 1983年)

関連情報[編集]

野球解説者としての出演番組[編集]

いずれも、毎日放送のプロ野球中継。

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』2015年12月1日放送分「替えうタイガース」より(『』の替え歌で「安藤の名前が読めたら阪神ファン」という趣旨の歌詞が取り上げられた際に安藤が説明)。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【内田雅也の猛虎監督列伝(22)~第22代 安藤統男】「切り札」5年契約も3年で失意の退団
  4. ^ a b 『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』公式サイト「DJモトオの今週の一曲」
  5. ^ 1984年に背番号の書体を変更した以外のマイナーチェンジはなく、1987年まで使用。
  6. ^ 「プロ野球グラフィティ 阪神タイガース」(新潮文庫
  7. ^ いずれも前身球団から
  8. ^ 玉置通夫『これがタイガース』(三省堂出版)
  9. ^ 吉田義男『牛若丸の履歴書』日経ビジネス人文庫、2009年、P179。
  10. ^ a b c d 稲葉、太田、岡、弘田、八木、山内 これら6人のベテランの移籍入団にみる 阪神の寄せ集め志向とその皮算用」『週刊ベースボール』昭和59年3月号
  11. ^ 90年代ヤクルト黄金期を築いた「我慢」…安藤統男さん、関根潤三さんを悼む - スポーツ報知、2020年4月10日配信
  12. ^ 掛布雅之、江川卓『巨人-阪神論』(角川書店、2010年)P134。
  13. ^ 『みんなでホームイン!』2016年10月2日放送分「赤木誠・安藤統男の猛虎知新」より。同日は、MBSアナウンサーの赤木がラジオの実況を担当し安藤が対戦相手ヤクルトのコーチとして立ち会った掛布の引退試合を取り上げた。

関連項目[編集]