安藤英徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安藤 英徳(あんどう ひでのり、1951年昭和26年)7月12日[1]-)は日本銀行家実業家豊和銀行代表取締役頭取整理回収機構執行役員を務めた。

来歴・人物[編集]

九州大学法学部[2]1974年日本長期信用銀行(現在の新生銀行)に入行し、日本橋支店長や審査第二部長を歴任する。1999年整理回収機構に入社し、東京業務第二部長や執行役員などを務めた。

2009年5月に権藤淳とともに梛原憲治 が頭取を務める豊和銀行の顧問に就任し、同年6月に代表取締役頭取に就任する[2]

2012年に権藤淳に頭取を譲って代表取締役会長に就任し[1]2014年に取締役会長を退任して相談役に就任した[3]

経歴[編集]

  • 1974(昭和49)年
    • 4月:日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行
  • 1996平成8)年
    • 11月:同行日本橋支店長
  • 1999(平成11)年
    • 4月:同行審査第二部長
    • 10月:株式会社整理回収機構入社。第五事業副部長
  • 2003(平成15)年
    • 7月:同東京業務第二部長
  • 2004(平成16)年
    • 7月:同業務企画部長
  • 2006(平成18)年
    • 6月:執行役員業務推進部長
  • 2008(平成20)年
    • 7月:執行役員
  • 2009(平成21)年
    • 6月:豊和銀行代表取締役頭取
  • 2012(平成24)年
    • 6月:同行代表取締役会長
  • 2014(平成16)年
    • 6月:同行取締役会長退任

脚注[編集]

  1. ^ a b 代表取締役及び役員の異動に関するお知らせ (PDF)”. 豊和銀行 (2012年5月11日). 2019年5月20日閲覧。
  2. ^ a b 代表取締役の異動に関するお知らせ (PDF)”. 豊和銀行 (2009年5月15日). 2019年5月20日閲覧。
  3. ^ “人事、 豊和銀行”. 日本経済新聞. (2014年5月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXNMSJT60101_V10C14A5000000/ 2019年5月20日閲覧。 
ビジネス
先代:
梛原憲治
豊和銀行頭取
第7代:2009年 - 2012年
次代:
権藤淳