安藤英義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安藤 英義(あんどう ひでよし、1943年 - )は専修大学大学院商学研究科教授、会計学者。専門は財務会計で、企業会計制度と会計基準を研究テーマとする。一橋大学名誉教授。日本会計研究学会会長、企業会計審議会会長等を歴任。日本会計研究学会太田賞、日経・経済図書文化賞等受賞。

人物・経歴[編集]

1967年一橋大学商学部経営学科卒業。1969年一橋大学法学部卒業。商法吉永榮助の指導を受けた。1974年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得。片野一郎ゼミ出身で博士課程指導教官は森田哲弥で森田門下。指導学生に万代勝信福川裕徳など[1][2][3]

1974年一橋大学商学部専任講師、1978年一橋大学商学部助教授に昇格。1985年一橋大学商学部教授、商学博士。1993年税理士試験委員。1997年企業会計審議会委員。1998年一橋大学附属図書館長兼社会科学古典資料センター長、日本簿記学会副会長。2000年公認会計士試験第2次試験委員。2002年日本簿記学会理事、2003年9月日本会計研究学会会長。2006年財務省財政制度等審議会臨時委員、金融庁金融審議会臨時委員、2007年3月一橋大学定年退職、同年4月専修大学商学部教授に就任、一橋大学名誉教授[4][5][6][7][8]

2007年1月から2017年2月まで10年間企業会計審議会会長を務めた[9]。また2011年にはNHK受信料制度等専門調査会座長に就任[10]。2017年2月にも、上田良一NHK会長の常設諮問機関として設置されたNHK受信料制度等検討委員会の座長に就任した[11][12]

1977年日本会計研究学会学会賞受賞、1986年日本会計研究学会太田賞受賞、1985年日経・経済図書文化賞受賞[13]。一般財団法人産業経理協会会長[14]、税務会計研究学会顧問[15]、「中小企業の会計に関する指針」作成検討委員会委員長[16]経済産業省中小企業の会計に関する研究会委員[17]等も務めた。

著書[編集]

  • 『商法会計制度論―商法会計制度の系統的及び歴史的研究』国元書房 (1985/06)
  • 『会計学研究』(新田忠誓と共著)中央経済社 (1993/02)
  • 『会計フレームワークと会計基準』中央経済社 (1996/09)
  • 『商法会計制度論―商法会計制度の系統的及び歴史的研究』白桃書房; 新版 (1997/05)
  • 『ケース別勘定科目便覧』(監修)ぎょうせい; 9訂版 (2003/12)
  • 『簿記会計の研究』中央経済社; 第5版 (2007/05)
  • 『会計学論考―歴史と最近の動向』中央経済社 (2007/06)
  • 『会計学大辞典』(伊藤邦雄, 廣本敏郎, 新田忠誓と共編)中央経済社; 第5版 (2007/05)
  • 『貸付用語辞典』(辻正雄,中島弘雅, 近藤順茂, 野村重信と共編)銀行研修社; 第九版 (2007/05)
  • 『企業会計と法制度 (体系現代会計学) 』(田中建二, 古賀智敏と共編)中央経済社 (2011/04)
  • 『新財務会計1 文部科学省検定済教科書 7実教/商業317 高等学校商業科用』実教出版 (2012)
  • 『新簿記』実教出版; H25新課程版 (2013)
  • 『基本簿記用語辞典』(監修)同文館出版; 六訂版 (2013/8/30)

脚注[編集]

  1. ^ 「会計学論考 : 歴史と最近の動向」 一橋大学
  2. ^ [1]
  3. ^ 番場嘉一郎「一橋会計学の系譜」 一般社団法人如水会
  4. ^ 「著者略歴」『会計学論考―歴史と最近の動向』中央経済社
  5. ^ 「著者略歴」『簿記会計の研究』中央経済社
  6. ^ 「専修大学研究者情報データベース (社会的貢献一覧)」専修大学研
  7. ^ 「歴代役員」日本簿記学会
  8. ^ 「社会科学古典資料センター長に就任して」一橋大学社会科学古典資料センター年報, 19: 1-1
  9. ^ 「企業会計審会長に平松・関学大名誉教授 10年ぶり交代」産経ニュース2017.2.20
  10. ^ [2]日本放送協会
  11. ^ 「NHK受信料検討委員会を設置」
  12. ^ 「NHK受信料制度等検討委員会の座長に安藤英義氏」日刊スポーツ2017年2月27日12時48分
  13. ^ 「安藤 英義」researchmap
  14. ^ [3]一般財団法人産業経理協会
  15. ^ [4]立教大学
  16. ^ [5]日本税理士会連合会
  17. ^ 「中小企業の会計に関する研究会 委員名簿 」経済産業省