安達英三朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

安達 英三朗(あだち えいざぶろう、1914年10月6日 - 1992年4月3日[1])は日本映画プロデューサー神奈川県横浜市出身[1]

経歴[編集]

1937年東宝映画配給に入社、その後東宝発足と同時に会計課長となる。1947年新東宝設立と同時に監査役となる。1949年取締役企画部長となる。1952年よりプロデューサーとして活躍。

代表作[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 田中文雄『神を放った男 映画製作者田中友幸とその時代』キネマ旬報社、1993年。ISBN 4-87376-070-4。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.26