安部信享

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
安部 信享
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦8年(1758年
死没 文政5年6月17日1822年8月3日
改名 弥一郎(幼名)、信享
別名 丹波入道(隠居後)
戒名 来震院灌渓道関
墓所 埼玉県深谷市の源勝院
官位 従五位下丹波守、采女正、摂津
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
武蔵国岡部藩
氏族 安部氏
父母 安部信允有馬一準の娘
兄弟 信享、日向正房、稲葉通碩、井上正清
正室分部光庸の娘
弥一郎、金弥、信操、信孝、信順、山本昌義、娘(酒井忠賢室)、娘(安部信規室)、娘(井上正質養女)、娘(村瀬重候養女)、娘(増山正寧正室)

安部 信享(あんべ のぶみち)は、武蔵岡部藩の第8代藩主

生涯[編集]

宝暦8年(1758年)、第7代主・安部信允長男として生まれる。安永4年(1775年)閏12月に従五位下・丹波守に叙位・任官する。天明元年(1781年)9月に采女正に遷任し、9月11日の父の隠居家督を継ぎ、摂津守に遷任する。

寛政7年(1795年)4月から文化元年(1804年)まで大坂定番を務めた。文化3年(1806年)8月5日、病気を理由に家督三男信操に譲って隠居し、剃髪して丹波入道と号した。文政5年(1822年)6月17日、江戸で死去した。享年65。