安部信宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
安部 信宝
時代 江戸時代後期(幕末
生誕 天保10年(1839年
死没 文久3年4月10日1863年5月27日
改名 虎之助(幼名)、信宝
戒名 忠巌全孝
墓所 埼玉県深谷市の源勝院
官位 従五位下摂津守、河内守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
武蔵国岡部藩
氏族 安部氏
父母 父:安部信古
正室酒井忠宝の養女酒井忠学の娘
養子信発養女(安部信発正室)

安部 信宝(あんべ のぶたか)は、武蔵岡部藩の第12代藩主

生涯[編集]

天保10年(1839年)、第11代主・安部信古長男として生まれる。天保13年(1842年)12月25日、父・信古が死去したため、家督を継いだ。嘉永3年(1850年)3月15日、将軍・徳川家慶に拝謁した。嘉永6年(1853年)11月7日、従五位下摂津守に叙任する。安政5年7月12日、河内守に改め、安政6年9月11日、摂津守に改めた。

当時の岡部藩では、幕府から罪人と見なされた高島秋帆を預かっていたが、信宝は秋帆を丁重に用いて西洋砲術を学び、藩軍の刷新を図っている。

嘉永7年(1854年)4月、日光祭礼奉行を命じられる。安政5年(1858年)1月、大坂加番を命じられる。

文久元年(1861年)8月、和宮江戸下向の警護を務める。文久3年(1863年)1月に二条城定番に任じられるが、4月10日に死去した。享年25。跡を養子信発が継いだ。