安部信峯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
安部信峯
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治2年(1659年
死没 宝永3年5月21日1706年7月1日
改名 信峯
官位 従五位下、丹波
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
武蔵国岡部藩
氏族 安部氏
父母 父:安部信友、母:内藤忠政の娘
兄弟 信峯、信方、逸見義教、一信
正室:秋月種信の娘
信賢(次男)、内藤長頼(三男)、信政(四男)、信昌(五男)、娘(松平忠盈継室)

安部 信峯(あんべ のぶみね)は、武蔵岡部藩の第4代藩主。

生涯[編集]

万治2年(1659年)、岡部藩第3代藩主・安部信友の長男として生まれる。

延宝2年(1674年)、初めて江戸幕府第4代将軍徳川家綱御目見する。貞享3年(1686年)10月に従五位下丹波守に叙任された。

元禄14年(1701年)3月14日に起こった播磨国赤穂藩主・浅野長矩による吉良義央への刃傷事件の際には、浅野とは母方の従兄弟にあたるため戸田氏定美濃国大垣藩主)とともに一族連座して出仕をとめられた。しかし、5月には出仕、6月には将軍拝謁がそれぞれ許された。

同年6月29日に家督相続したが、この際に弟の安部信方に2000石を分知している。8月に初めて領地入りした。宝永2年(1705年)に岡部村に陣屋を移しており、正確にはこのときから岡部藩は始まった。

宝永3年(1706年)に死去。、次男・信賢が跡を継いだ。