安部立郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安部 立郎(あんべ たつろう、1886年2月6日[1] - 1924年2月29日[1])は、日本の図書館員、郷土史家。

経歴[編集]

埼玉県川越市生まれ[1]1903年埼玉県立川越中学校卒業、1909年早稲田大学政治経済学科卒業[1][2]。 中学時代から図書館設立に努め、学生団体の学生同志会を創設すると、1906年に川越市内に同志会図書館を設立した[1]1913年には川越尋常高等小学校の図書館と合併し、私立川越図書館となり、同図書館の理事に就任した[3]1918年に町立川越図書館となると司書として勤務し、郷土資料の収集に努め、近世の地誌類を翻刻する川越叢書の刊行にあたった[4]1921年に政治団体の公友会を結成し[3]、同会から1923年2月3日実施の川越市会議員選挙に立候補し、当選[1]

参考文献[編集]

  • 飯野洋一「安部立郎と川越図書館」『図書館史研究(図書館史研究会編)』第7号、日外アソシエーツ、1990年、 23-41頁。
  • 加藤千香子「大正デモクラシー期の地域振興論-安部立郎の思想と行動を通して」『埼玉県史研究』第24号、埼玉県、1990年、 1-18頁。
  • 川越市総務部市史編纂室編 『川越市史 第4巻(近代編)』 川越市、1978年。 NCID BN01366648 
  • 小泉功「安部立郎」『川越の人物誌 第1集』川越市教育委員会、1983年、128-130頁。
  • 川越学事始め - ウェイバックマシン(2015年3月27日アーカイブ分)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 川越市総務部市史編纂室 1978, pp. 133-139
  2. ^ 会員名簿 昭和2年11月』 早稲田大学校友会、1927年、136頁。 
  3. ^ a b 加藤千香子 1990
  4. ^ 飯野洋一 1990