安野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安野駅
Yasuno stn.jpg
やすの
Yasuno
小河内 (2.5km)
(4.1km) 水内
所在地 広島県山県郡加計町穴
所属事業者 西日本旅客鉄道
所属路線 可部線
キロ程 32.1km(横川起点)
電報略号 スノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線→1面1線
乗車人員
-統計年度-
39人/日(降車客含まず)
-2002年-
開業年月日 1954年(昭和29年)3月30日
廃止年月日 2003年(平成15年)12月1日
備考 路線廃止にともなう廃駅。
テンプレートを表示

安野駅(やすのえき)は、広島県山県郡加計町穴(現在は安芸太田町大字穴)にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線廃駅)である。

可部線非電化区間(可部 - 三段峡間)の廃線に伴い2003年(平成15年)12月1日に廃止された。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅であったが、晩年は片側の線路は撤去され、単式ホームとなっていた。無人駅であった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

現在の様子[編集]

安野花の駅公園 - panoramio.jpg
静態保存されているキハ58 554

「安野花の駅公園」として、ほぼ現役時代の状態で駅舎は保存されている。また、広島色のキハ58系静態保存されている。 現在、このキハ58では1時間1000円(要予約)で、車内を貸し切りにすることもできる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
可部線
小河内駅 - 安野駅 - 水内駅

その他[編集]

駅には、8匹の野良猫が住み着いていた。元は有人駅時代に駅長が猫を飼っていたことがきっかけで、無人駅となってからも多くの猫が住み着き、「猫の駅長」と呼ばれていた。バスカードの絵柄にも使われたことがある。

「猫の駅長」が知られるようになったことでこの駅への捨て猫が相次ぎ、さらに廃線に際して一度は駅舎が取り壊されることとなり、猫たちも居場所を失う危険性が生じたことで動物愛護団体が里親を募集した[1]。 その後猫たちには里親が見つかり、安野駅は「安野花の駅公園」として元の駅舎を生かした形で整備された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ■動物たちを守る会ケルビム 「猫の駅長さん」SOS!―広島の廃駅に住む猫たちを助けてください!■

参考文献[編集]

  • 廣子盛亮「猫の駅員」新風舎、2005年 ISBN 9784797473049

関連項目[編集]