宋小濂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
宋小濂
Song Xiaolian.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1863年同治2年)[1]
死去: 1926年民国15年)
中華民国の旗 中華民国
出身地: 清の旗 吉林将軍管轄区吉林副都統管轄区(現在の永吉県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 宋小濂
簡体字 宋小濂
拼音 Sòng Xiǎolián
注音符号 ㄙㄨㄥˋ |ㄠˇ ㄌ|ㄢˊ
注音二式: Sùng Shiǎolián
和名表記: そう しょうれん
発音転記: ソン シャオリェン
ラテン字 Sung Hsiao-lian
テンプレートを表示

宋 小濂(そう しょうれん)は清末民初の政治家。中華民国の初代黒竜江省都督である。鉄梅友梅

事績[編集]

清朝の国子監生。黒竜江将軍文案、候補知府、ハルビン鉄路交渉局総弁、海倫同知、フルンボイル副都統などを歴任した。1911年宣統3年)、黒竜江布政使に昇進し、あわせて署黒竜江巡撫となった。

中華民国建国後の1912年民国元年)3月、初代黒竜江省都督に任命された。翌民国2年(1913年)、同省民政長を兼任した。同年8月、辞職し、参政院参政に異動した。後に中東鉄路督弁に就任している。1922年(民国11年)1月、辞任した。

1926年(民国15年)1月、病没。享年64。

[編集]

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』764頁による。Who's Who in China 3rd ed, The China Weekly Review (Shanghai),p.698は、1864年とする。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 清の旗
先代:
周樹模
黒竜江巡撫
1911-1912
次代:
-
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
(創設)
黒竜江都督
1912年3月 - 1913年8月
次代:
畢桂芳