宋建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宋 建(そう けん、? - 214年)は、中国後漢末期の武将。涼州隴西郡の人。『三国志志「武帝紀」・「夏侯淵伝」等に記述がある。

事跡[編集]

関中軍閥の一人。後漢末期に枹罕で反乱を起こした。『献帝春秋』によると、反乱を起こした宋建と王国は、韓遂(韓約)ら数十人を人質に取り、金城太守の陳懿を殺害した。韓遂は、金城郡の有力者によって身代金を払われ買い戻されると、名を韓遂に改めたという。『後漢書』によると、中平元年(184年)の出来事だったとある。

宋建は河首平漢王を称し、後漢朝廷から自立して独自の年号を定め、丞相以下百官を置いていた。しかし建安19年(214年)、曹操軍の夏侯淵に攻撃され、一月あまり後の10月に枹罕で滅ぼされた。宋建は処刑され、宋建の置いた丞相以下の官吏らもまた同じく殺された。

建安21年(216年)、献帝は曹操を魏王に封じた。その詔勅によると、宋建は韓遂と共に益州劉備と通じていたとある。

司馬彪の『続漢書』によると、建安17年(212年)10月に益州の周羣は、彗星が五諸侯の星宿に出たのを見て、西方の群雄が皆土地を失うと予言した。『続漢書』では実際に没落した群雄として、益州の劉璋漢中張魯涼州の韓遂、枹罕の宋建を挙げ、予言が的中したと主張している。

また傅玄の『傅子』では、魏で司馬氏に反乱を起こして敗死した文欽諸葛誕と共に宋建の名を挙げ、反乱者が碌な最期を迎えられないことを、当時の誰もが知っていたこととして、例示している。宋建と比較に挙げられた群雄や反乱者の名から、宋建自身がそれなりに有力な群雄か、あるいは反乱者として認識されていた可能性はある。