宋志晩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宋 志晩(ソン・ジマン)
起亜タイガース #79
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 仁川広域市
生年月日 (1973-03-02) 1973年3月2日(47歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1995年 2次ドラフトでハンファ・イーグルスから指名
初出場 1996年4月13日
最終出場 2013年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2006年
ソン・ジマン
各種表記
ハングル 송지만
漢字 宋志晩
発音: ソン・ジマン
ローマ字 Song Ji-man
本人表記: Song, Ji Man
テンプレートを表示

宋 志晩ソン・ジマン1973年3月2日 - )は、韓国プロ野球ネクセンヒーローズに所属する大韓民国出身の元プロ野球選手外野手)。現役時代は長打力と俊足を兼ね備えた韓国屈指の外野手だった。

略歴[編集]

1996年ハンファ・イーグルス入団。デビューの頃は、長打力と俊足を兼ね備え、主に6番打順でクリーン・アップトリオのバックアップ役を務めて1999年チームの初優勝に貢献。この頃、「黄金の鷲」というニックネームがつけられた。元ヒューストン・アストロズジェフ・バグウェルに似たガニ股打法が特徴である。

2000年シドニー・オリンピック韓国代表に選ばれたが、開幕3日前の練習試合で足首骨折、出場選手エントリーから外され、本選には出場できなかった。この故障の影響で2001年からは盗塁が一桁に減ったが、中心打線としてチームの打線を導く。

2002年、38本塁打、104打点でキャリア最高のシーズンを送った後、翌年の2003年は故障で出場が減少。それが原因か、2003年シーズンオフ、現代ユニコーンズにトレードされる。現代に移籍してからは、長打は減ったものの、主に1番に配置されて核弾頭としての役割を果たしている。

2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表に選ばれた。

フリーエージェント宣言のあと、年俸6億ウォンの4年契約を結んで現代ユニコーンズに残留。

しかし、現代ユニコーンズが解散されたことで、現代側と結んだ契約が無効になった。その後、保有権がウリ・ヒーローズに譲渡され、ウリ側との年俸交渉に臨んだが、現代時代にもらった年俸の3分の1くらいしかならない2億2000万ウォンの提示を受けて猛反発した。しかし、契約を拒否しても、任意引退の他に打つ手もなかったため、やむなくそのまま契約を結んで2008年からウリ所属でプレイしている。

2010年には通算300本塁打も達成し、ネクセンのチーム最多本塁打(17本)も記録し、その年の年俸は4億ウォン(2010年)に上がった。

2012年、故障により出場機会が激減し、2013年の年俸は8000万ウォンまでに下がったが控えとして貴重な働きを見せ、2014年は年俸1億ウォンに上がった。

だが2014年は一軍出場がなく同年限りでの引退を発表し、2015年からはネクセンの二軍打撃コーチになった。

2015年10月1日、木洞野球場で引退セレモニーが開かれた。

2018年より一軍打撃コーチとなったが同年限りで退団。

2019年10月、起亜タイガースのコーチに就任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
1996 ハンファ 122 394 58 113 30 4 18 205 53 10 16 52 81 5 8 .287 .368 .520 .890
1997 117 414 46 110 26 1 14 180 45 12 10 42 91 8 3 .266 .332 .435 .768
1998 126 432 66 116 20 0 16 184 49 25 8 64 99 6 5 .269 .361 .426 .787
1999 132 476 76 148 24 11 22 260 74 20 18 32 88 7 4 .311 .352 .546 .898
2000 120 468 93 158 33 2 32 291 90 20 7 59 72 10 5 .338 .409 .622 1.031
2001 108 344 55 98 19 0 22 183 69 5 6 40 69 9 1 .285 .357 .532 .889
2002 131 488 84 142 18 2 38 278 104 8 3 67 136 14 6 .291 .375 .570 .945
2003 74 273 41 69 16 3 9 118 34 8 6 42 60 3 2 .253 .351 .432 .784
2004 現 代 132 486 80 129 21 0 22 216 74 6 7 72 127 16 2 .265 .360 .444 .805
2005 123 436 70 118 22 0 24 212 74 3 3 67 101 9 3 .271 .366 .486 .852
2006 119 441 76 119 16 0 16 183 53 8 3 56 69 10 3 .270 .351 .415 .766
2007 120 413 54 116 25 0 15 186 64 10 4 50 68 12 2 .281 .355 .450 .805
2008 ソウル
ネクセン
118 414 48 116 18 0 13 173 62 4 5 33 82 11 3 .280 .330 .418 .748
2009 115 374 69 108 15 3 22 195 67 10 3 60 122 10 5 .289 .384 .521 .905
2010 127 375 52 109 15 1 17 177 63 5 2 49 85 5 3 .291 .367 .472 .839
2011 106 301 43 80 8 1 9 117 43 9 1 41 78 5 1 .266 .354 .389 .743
2012 14 40 2 7 0 0 0 7 4 2 0 5 9 3 0 .175 .267 .175 .442
2013 34 51 6 14 1 0 2 21 8 0 0 5 14 1 0 .275 .339 .412 .751
2014 一軍出場なし
通算成績:19年 1938 6620 1019 1870 327 28 311 3186 1030 165 102 836 1451 144 56 .282 .363 .481 .844
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル[編集]