宋濤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宋 濤(そう とう、1955年 - )は、中華人民共和国外交官中国共産党中央対外連絡部部長。

経歴[編集]

江蘇省宿遷市で生まれる。1973年3月に政治活動を始め、1975年9月に中国共産党の党員となる。

2011年から2013年まで中華人民共和国外交部副部長を務め、2015年11月に王家瑞の後任として党中央対外連絡部部長に選ばれた。

2017年12月17日から中国共産党第十九回全国代表大会を報告する習近平総書記の特使として北朝鮮を4日間訪問し[1]、事実上のナンバー2である朝鮮労働党副委員長の崔竜海などと会談するも金正恩委員長との会見は明らかにされなかった[2]

2017年3月26日、最高指導者就任後初の外遊で訪中した金正恩委員長を丹東駅から出迎えて特別列車に乗り込んで直接会談を行い[3]、習近平総書記との会談にも同席し[4]、丹東駅まで同行して特別列車の車内で会談した[5]

2017年4月13日、芸術団とともに金日成生誕106周年記念の国際芸術祭に参加するために北朝鮮を訪問。空港では金正恩の妹である宣伝扇動部第1副部長の金与正らが出迎え[6]、金正恩委員長とも会談して「重大な問題や国際情勢」で意見交換して中朝関係の強化で一致し[7]、金正恩委員長が催した宴会にも出席した[8]。同時期に行われたイギリスフランスアメリカ合衆国によるシリアへの軍事攻撃や[9]、予定される南北米朝首脳会談も協議したとみられ[10][11]、17日には1度の訪朝では異例である2度目の会談を金正恩と行った[12]

日本との関係[編集]

自公政権から民社国政権への交代で中断していた日中与党協議会を日中関係の浮沈と関係なしに定期化することで2015年3月に自民党公明党と合意(当時の党中央対外連絡部部長は王家瑞)したことを受け[13]、2015年12月に6年ぶりに再開された第5回日中与党協議会で日本のカウンターパートを務めた[14]

2017年8月に第6回日中与党交流協議会への出席のために日本を訪問し[15]安倍晋三内閣総理大臣と会談した[16]野党民進党蓮舫代表とも会談した[17]

脚注[編集]

  1. ^ “中国が北に習総書記の特使、17日派遣へ”. 読売新聞. (2017年11月15日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000301/20171115-OYT1T50086.html 2018年1月19日閲覧。 
  2. ^ “中国対外連絡部長帰国…金正恩委員長との面談は明らかにせず”. 中央日報. (2017年11月21日). http://japanese.joins.com/article/661/235661.html 2018年1月19日閲覧。 
  3. ^ “特別列車内で中国要人と面会も 北朝鮮メディアが映像公開”. 産経ニュース. (2018年3月30日). https://www.sankei.com/world/news/180330/wor1803300036-n1.html 2018年4月20日閲覧。 
  4. ^ “中国芸術団訪朝へ 習近平氏側近、高官と会談へ”. 産経ニュース. (2018年4月11日). https://www.sankei.com/world/news/180411/wor1804110036-n1.html 2018年4月12日閲覧。 
  5. ^ “传金正恩访华内幕:宋涛当人质金与正守家”. 新唐人電視台. (2018年3月30日). http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2018/03/30/a1369585.html 2018年4月20日閲覧。 
  6. ^ 北朝鮮、中国芸術団を厚遇…金与正氏ら出迎え「親善」アピール”. デイリーNK (2018年4月14日). 2018年4月13日閲覧。
  7. ^ 金正恩氏、中国高官と会談 関係発展で一致”. 日本経済新聞 (2018年4月15日). 2018年4月15日閲覧。
  8. ^ 金日成主席の生誕記念日 前日には金正恩委員長が中国共産党中央対外連絡部長と会談 関係強化アピール”. 産経ニュース (2018年4月15日). 2018年4月16日閲覧。
  9. ^ 金正恩氏、中国高官と会談=「重大な問題」で意見交換”. 時事通信 (2018年4月13日). 2018年4月13日閲覧。
  10. ^ 金正恩氏、中国共産党の高官と会談 「重大な問題」協議”. 朝日新聞 (2018年4月15日). 2018年4月15日閲覧。
  11. ^ 正恩氏、訪朝の中国高官と会談”. 毎日新聞 (2018年4月16日). 2018年4月16日閲覧。
  12. ^ 中国共産党幹部とまた会談 金正恩氏、協力強化を協議”. 日本経済新聞 (2018年4月18日). 2018年4月18日閲覧。
  13. ^ “日中与党交流再開を確認 自公幹事長と中国共産党要人”. 日本経済新聞. (2015年3月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS24H48_U5A320C1PP8000/ 2018年4月15日閲覧。 
  14. ^ “中日与党交流協議会第5回会議が開幕”. 人民網. (2015年12月4日). http://j.people.com.cn/n/2015/1204/c94474-8985818.html 2018年4月15日閲覧。 
  15. ^ “「一帯一路」積極的に協力 日中与党協議会が共同提言”. 産経ニュース. (2017年8月9日). http://www.sankei.com/politics/news/170809/plt1708090037-n1.html 2018年4月15日閲覧。 
  16. ^ “宋濤中国共産党対外連絡部部長等による表敬”. 首相官邸. (2017年8月8日). https://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201708/08hyokei.html 2018年4月15日閲覧。 
  17. ^ “蓮舫代表、宋濤・中国共産党中央対外連絡部長と会談”. 民進党. (2017年8月7日). https://www.minshin.or.jp/article/112427 2018年4月15日閲覧。